お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 おでかけ全般

男子いらずの気軽さが魅力 話題の女子キャンプに注目

アウトドア雑誌で多く見かける女子キャンプなるもの。一体、どんなもので、ビギナーでも参加できるものなのでしょうか。そこで、女性キャンプの主催なども行うアウトドアコーディネーターのこいしゆうかさんに、女子キャンプの魅力やアウトドアを女子らしく楽しむアドバイスを聞きました。

意外と知らない!? アウトドアファッションQ&A

キャンプやトレッキングに向けてのファッションを考えると次々浮かんでくる素朴な疑問。出たとこ勝負で出かけて現地で困るのもイヤですが、あらためて買うとしても損は絶対にしたくありません。そこで、「こんなときは何を選べばいいの?」という質問をまとめてみました。

Q.1 初心者におすすめのアウトドアブランドや街でも使えるアイテムを選ぶコツは?

A.1

アウトドアブンドで比較的リーズナブルな価格設定で靴から小物まで一式そろえやすいのは、ゆるくてかわいいアイテムが多い「columbia」。シューズも使いやすいと評判です。また、機能性だけでなくスタイルの美しさも重視している「AIGLE」は、むしろタウンユースがメインになるほどオシャレなアイテムが多いですよ。スウェーデン王室御用達のブランド「フェールラーベン」は、北欧らしいデザインで大人の女性でも無理がなくコーディネートに取り入れられます。

「カンケンミニ」/フェールラーベン

ストックホルムの電話帳をモチーフにつくられた「フェールラーベン」のロングセラーバッグ。リュックと手提げの2wayタイプで、カジュアルすぎないデザインは、街でのカジュアルスタイルにもマッチします。20色以上を展開しているので自分のワードローブに合わせた色を選べば失敗もありません。

「カンケンミニ」 5,000円/フェールラーベン

Q.2 下着はどんなものを選べばいいの?

A.2

「ワイヤレスブラ ソフト」/ユニクロ

アウトドア用も販売されていますが、最初からそこまで本格的なものにこだわる必要はありません。「ユニクロ」で売っているインナーなども優秀です。トレッキングなど動き回るお出かけなら、フィット感が心地いい「ワイヤレスブラ」、キャンプなら消臭、ムレ防止などの機能がある「AIRism」シリーズの「ブラトップ」でもOKです。

肌にやさしいエクストラモイスト素材を使用し、フィット感抜群の快適なつけ心地がうれしいノーホックの「ワイヤレスブラ」。豊富なデザインバリエーションはさすが。下着特有の苦しさがないのに美しいバストの形をキープしてくれる優れモノです。

「ワイヤレスブラ ソフト」 1,990円/ユニクロ

Q.3 はじめてのトレッキングシューズは何を選べばいいの?

A.3

「カメレオン2 ストーム ゴアテックス®」/メレル本格的な登山をするのでなければ、ブーツタイプの登山靴よりもローカットタイプのほうが、手入れもしやすく使いやすいですよ。決して安くはないトレッキングシューズですが、ローカットタイプなら、たまにしかアウトドアへ出かけない人もウォーキングなどにも使えるので靴箱のこやしになることはありません。そんなタウンユースも視野に入れて選ぶなら、「メレル」というブランドがオススメ。軽量で柔らかな履き心地が人気、デザイン性が高いシューズが多いですよ。

長時間歩いても疲れにくいクッション性や防水性、耐久性に優れたシューズ。抗菌テクノロジーで気になるニオイも防いでくれます。オリーブ、ブラック、イエローの3色展開。

「カメレオン2 ストーム ゴアテックス」 13,650円(メーカー希望小売価格)/メレル

Q.4 虫よけ対策はどうすればいいの?

A.4

「スコーロンバティックシャツL/S」/Foxfire虫よけ効果があるスプレーや虫よけアロマキャンドルを使う人が多いですが、アウトドアブランドの「Foxfire」では、防虫機能をもった素材の洋服や帽子なども販売しています。「スコーロン」という名の特殊素材で服にとまっても刺されにくく蚊が逃げていくそうです。これからの季節、1枚もっていると便利かもしれません。

防虫、吸汗速乾、UVカット機能があるトランスウェット・スコーロン素材のバティック柄シャツ。爽やかなデザインでレッド、パープル、ブルーの3色展開しています。

「スコーロンバティックシャツL/S」 12,600円/Foxfire

Q.5 おとまりキャンプの場合、着替えは何をもって行けばいいの?

A.5

「ガダルタイパンツ」/チャイハネ 人それぞれです。1泊2日程度なら何ももっていかない人もいれば、翌日の着替え以外に寝るとき用の服をもっていく人もいます。ただ、滞在用の洋服をもっていくとかわいいし、ラクだしリラックスできますよ。たとえば、サンダルやエスニックテイストのゆったりパンツをもって行くだけでグッとキャンプが快適になります。

オシャレでラクちんのカラフルなタイパンツ。持ち運べるポーチ付きです。アウトドアシーン以外でも部屋着として活躍してくれます。

「ガダルタイパンツ」 1,995円/チャイハネ
※カラーは、ライト系とダーク系のアソート商品になります

教えてくれたのは……

こいしゆうかさん

こいしゆうかさん
アウトドアコーディネーター、イラストレーター。アウトドアユニット「mijinco」に所属し、女子キャンプの火付け役。テントの設営やたき火のおこし方、キャンプ料理のレシピまでをわかりやすく楽しく紹介しているコミックエッセイ『キャンプ、できちゃいました。』(アスペクト)も発売中。

http://koipanda.jimdo.com/

キャンプできちゃいました。

(執筆:浜田彩)

お役立ち情報[PR]