お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 おでかけ全般

男子いらずの気軽さが魅力 話題の女子キャンプに注目

アウトドア雑誌で多く見かける女子キャンプなるもの。一体、どんなもので、ビギナーでも参加できるものなのでしょうか。そこで、女性キャンプの主催なども行うアウトドアコーディネーターのこいしゆうかさんに、女子キャンプの魅力やアウトドアを女子らしく楽しむアドバイスを聞きました。

誰かに頼らず楽しむ女子キャンプ

誰かに頼らず楽しむ女子キャンプ

こいしさんがアウトドアあそびをするようになったのは、社会人になってから。誘われて行ったキャンプでそとごはんのおいしさにハマったのがきっかけでした。しかし、キャンプやバーべキューをするのは、レンタカーを借りたり、道具をもっている友だちを探したりと準備だけで大仕事。そこで、もっと気ままに楽しめるよう女性ひとりでもできるコンパクトスタイルのキャンプを考案し、それが女子キャンプの原型になりました。誰かに頼らなければ行けなかったキャンプが、ひとりでできるようになる。そんな自立したキャンプこそ女子キャンプなのです。

さらに、そとで過ごせる自信ができると、トレッキングやボルダリング、フライフィッシング、フェスなど、アウトドアの趣味の幅が広がっていく人が多いとか。週末の過ごし方に新しい選択肢を加えていきたいと思っている女性こそ女子キャンプに注目です。

徒歩でOK! 初心者に優しいキャンプ場とは?

とはいえ、大きな荷物を運んだり、テントをひとりで立てるなんて無理のような気がするという人もいるのでは? しかし、最近では「徒歩キャンプ」と呼ばれる公共交通機関を利用して参加する女子キャンパーも多く、40-50リットルのリュックに荷物をまとめれば女性でも普通に移動できます。もちろん、車で来る人がいてもいいし、キャンプ仲間とは、街で遊ぶときのように現地集合。それぞれが自立しているのが前提なので、仲間ともずっと一緒にいなければいけないなんてルールはなく、静かに過ごしたいと思えば勝手にテントへ戻るのも自由です。交通手段も過ごし方も“こうでなければいけない”という概念を捨てて楽しむのがイマドキキャンプなのです。

また、テント設営に不安がある人は、キャンプ場のホームページをチェックしましょう。レンタル品が多かったり、スタッフが手伝ってくれるというところなら万が一のときも安心です。ホームページが充実しているところは、現地も充実している場合が多く、最近は女性キャンパーが過ごしやすいよう、トイレも清潔で最新のウォシュレットというキャンプ場も少なくないんですよ。

はじめてキャンプに向けて!
最低限そろえておきたいアイテムとは?

自由気ままに楽しむ女子キャンプといっても、快適に過ごすためには最低限必要なアイテムをそろえなければいけません。キャンプ旅をした経験を生かして、こいしさんが厳選した35-40リットルサイズのザックに収まるコンパクトスタイルキャンプの最低限必要なアイテム一覧が下記です。これに防寒着、食糧、着替えを足し、荷物の全重量は8-10kg程度が目安。

はじめてキャンプに向けて!最低限そろえておきたいアイテムとは?

1. 35-40リットル程度のザック。女性の体形に合わせて設計されたものや体への負担を軽減するデザインのものも販売されています。
2. 調理や食事をするときに必要なナイフ&カトラリーセット
3. ひとり暮らし用の鍋や家のコンロのように使えるガスのシングルバーナー。
4. 照明代わりになるランタン。布に包んで持っていきましょう。最近は、LEDタイプも多く出ています。
5. 一泊用の化粧道具
6-7. 折りたためるタイプのイスとテーブル。キャンプ場で貸し出している場合もあります。持っていかず、代わりにハイキングのようにレジャーシートの上で過ごすスタイルも可。
8. 手ぶらでも作業をできるヘッドライト。
9. 敷くだけで自分のエリアが一気にオシャレになるマット。お気に入りのラグでもOK。
10. バーベキューにも使える折りたたみ式の焚き火台。
11. 1-2人用のソロテント。1.5kg以下がおすすめです。
12. テントの中に敷くマット。スポンジ型か空気を入れるタイプを。
13. 春、夏、秋に使える3シーズン用の寝袋。女性用のコンパクトサイズがオススメ。

100円ショップでオトクにそろえよう

上記のアイテムをそろえようとすると予算は、3-6万円程度必要になります。そこで、快適さは失わずにできるだけ節約しようと考えると、便利なのがオトクに代用品をそろえられる100円ショップです。たとえば、カトラリーや食器はもちろん、鍋は100円の雪平鍋にして、ランタンやヘッドライトの代わりの照明、バーナーの代わりに固形燃料を使うこともできます。さらに、ホームセンターなどへ行けば、数千円で買えるテントもありますが、あまり節約しすぎると、わびしい雰囲気になってしまって楽しくないので注意すること。

【次ページ】女子らしくキャンプをかわいくデコするコツは?

お役立ち情報[PR]