お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 おでかけ全般

男子いらずの気軽さが魅力 話題の女子キャンプに注目

アウトドア雑誌で多く見かける女子キャンプなるもの。一体、どんなもので、ビギナーでも参加できるものなのでしょうか。そこで、女性キャンプの主催なども行うアウトドアコーディネーターのこいしゆうかさんに、女子キャンプの魅力やアウトドアを女子らしく楽しむアドバイスを聞きました。

アイテム選びやデコにこだわり
自分エリアを個性的でかわいらしく

女子キャンプのイベントなどへ行くと気になるのが、かわいらしくコーディネートしたテントなど。それぞれが、手作りのアイテムやこだわりのアイテムを選んで自分のエリアをデザインしています。機能性だけでなく見た目の雰囲気にもこだわれば、過ごす時間もより快適になるものです。そこで、女子キャンプの醍醐味のひとつでもあるオシャレテントコーディネート術をこいしさんに教えてもらいました。

テントイラスト

(イラスト:こいしゆうか)

テントを飾るのにもっとも手軽でそれっぽく見せられるのが、万国旗のように布が連なったタルチョ。通販や雑貨店でも買えますが、いらなくなった洋服やかわいい布を買ってきて自分で手作りするのも楽しそう。世界にひとつのアイテムです。

また、レジャーシートの上にお気に入りのラグをひいたり、テントの入口をモチーフで飾ったりするのも華やかな印象になります。そのほか、お気に入りのクッションカバーを持っていき、起きているときは寝袋を中にいれてクッションのように使うのもアリです。

ちなみにアウトドアでも活躍しそうなデコアイテムは、リーズナブルな100円、300円ショップにも充実しているのでアイデアを膨らまして楽しみましょう。

忘れてはいけない自然の中でのマナー
気を付けたい注意点とは?

自由気ままに楽しめるのが魅力の女子キャンプですが、最低限のマナーが守れない人は参加する資格はありません。たとえば、盛り上がりすぎて、みんなが眠りにつく時間になってもまわりを気にせず夜まで騒ぐのはNG。外だからこそまわりの人への配慮を忘れないようにしたいものです。また、自分が出したゴミを管理するのはもちろんですが、最近は安い道具を買って、その場で捨てる人が結構います。気持ちはわかりますが、やめましょう。ひとつの道具を長く大切に使うのもアウトドアの楽しみのひとつですよ。

【次ページ】山ガールファッションの基礎知識を伝授!

お役立ち情報[PR]