お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

自分にあった色のカラーレンズは”魅力度”をアップさせる!

「応用脳科 学コンソーシアム」を創設・運営しているNTTデータ経営研究所と、メガネレンズ専門メーカーの東海光学は、共同で取り組んだ、脳科学技術によるカラーレンズ評価の客観化により、カラーレンズをかけたときの顔の魅力度を脳波計測で測定。パーソナルカラーに合致したカラーレンズは、かけた人の魅力度を高めることを実証した。

人が「魅力的なもの」を見たとき、脳波計には、刺激の呈示後350ミリ秒以降に電位の振幅が陽性側に大きく出現する「後期陽性電位(Late Positive Potential:LPP)」という現象が現れる。

両社は、これら脳波計を用いた魅力度判断研究をもとに、色のついたレンズをかけた人を見たとき、魅力的で似合うと感じる状態について調査を実施。

東海光学がさまざまなマーケティングデータや色の理論、パーソナルカラーの考え方などを活用し独自に選定した、6種類の異なる色のカラーレンズの評価を行った。

その結果、本人のパーソナルカラーに似合う色のカラーレンズをかけたときに、LPP値が高く表れることを実証。

脳波計測を実施することで、「似合っているか否か」を客観的に評価できることを裏付けたとのこと。なお、研究で魅力度効果が実証されたカラーレンズ商品「肌美人」は、東海光学より5月1日に発売予定。

お役立ち情報[PR]