お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家雑学 メンタル

監視、ヤキモチはNG! 社内恋愛を成功させる4つの掟

忙しく働く女子たちにとって、人間関係のストレスや会社生活の悩みはつきもの。ちょっとしたことにイライラしたり、憂鬱な気持ちになって、「会社に行きたくない!」と感じたことがある人も多いのはず。実は日々のちょっとしたストレスは、考え方ひとつで解消できるもの。ここでは、心理カウンセラーの小高千枝さんによる「こころのメンテナンス方法」をご紹介いたします!

1日の中でもっとも長い時間を過ごす会社は、何気ない日常のひとコマとして男性と知り合うチャンスが多い環境でもあります。仕事を通した共通の話題から、相手の価値観を知ることや素の姿を見ることができるため、自然と恋愛感情も芽生えやすいものです。しかしながら、お付き合いがはじまってみると、毎日会えることで、安心や幸せを感じられる分、彼がほかの女性社員と親しげに話している姿を見ると、仕事とはいえついヤキモチを焼いてしまうなんてこともあるでしょう。

公私混同し、感情のコントロールがきかなくなると、業務に支障が出てしまったり、周囲に気を使わせてしまったり、2人だけの問題ではなくなってしまうこともあります。では、どうしたら社内恋愛を楽しみ、周囲に迷惑をかけることなくお互いに幸せな関係を築き上げられるのでしょうか。

まずは、会社は2人だけの環境ではないということを確認し合い、私情を持ち込まないお互いに所有物扱いをしない約束をすることです。あくまでも仕事をする場所であるという意識を持ち、男女の関係であることやプライベート感を一切感じさせないことが大切。相手を目で追ったり、嫉妬心を抱いてしまったりすると、常に粗探しをし続ける癖がついてしまいます。そうなると足の引っ張り合いが続くだけです。

あなたが見ていなくても、同僚にお願いして彼を監視させることもNG。あなたは安心感を得ることができますが、彼は見張られている、束縛されている息苦しさから仕事がやりにくくなります。彼にとって会社が居心地の悪い場所になると出世にも響きます。彼がのびのびと仕事に打ち込めるように、彼を立て、彼の評判が上がるようにサポートしてあげることが彼女であるあなたの役目です。

もし結婚を考えているとしたらなおさら。喧嘩をした翌日であっても会社では毅然とした態度で冷静に振舞うこと。彼の仕事に対する意欲が高まるような存在としてあなたはいるようにしましょう。そうすると彼のあなたに対する愛情がさらに深まります。

また、社内メールを使っての連絡はしてはいけません。どこで誰に見られるかわかりませんし、仕事を中断することになります。社内恋愛をするにあたっては周囲が応援したくなるような態度や、温かい気持ちになるような行動を示すことが大切です。社内恋愛だからこそ、いつもそばにいられる幸福感とともに周囲への配慮は非常に重要になってきます。

そして、2人の関係性がこじれると、場合によってはセクハラ・パワハラに繋がることもあり、どちらかが退職しなければならなくなることもありますので、節度のある態度や行動で社内恋愛を楽しむようにしてくださいね。

周囲にも気を使わせないような関係であり、オン・オフをきちんと分けることで、オフモードになったときにさらに親密度が増し、2人の関係も深まります。社内恋愛を成功させるためにも、お互いに思いやりをもって接するようにしてくださいね。

社内恋愛を成功させる4つの掟
  • お互いに私情を持ち込まない、所有物扱いをしない約束をする
  • 社内において男女のプライベート感を出さない
  • 同僚に監視させない
  • 社内メールでの連絡はしない

心理カウンセラー 小高 千枝(おだか ちえ)

幼稚園教諭、キャリアカウンセラー等を経て、2007年1月、女性専門のカウンセリングルームを開業。男女関係の問題、依存症、人生観、うつなどのカウンセリングのほか、メンタルトレーニング、企業カウンセリングなどに携わる。2010年9月、精神科医名越康文監修、男女ともに通える『メンタルケアサロン~ピュアラル』を開業。ご相談者それぞれのペース に合わせ問題解決に導くカウンセリングは男女問わず信頼を得ており、リピーターが多い。

お役立ち情報[PR]