お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

えっ、俺に気があるの!? 「勝手に脈アリだと勘ちがいする」女性のセリフ

ファナティック

気になる異性がいるときに、自分のことをどう思っているのかを知りたいと思うのは誰でも同じですよね。自分への言動から少しでも気持ちを読み取ろうとする中で「これは脈アリ?」と思えるセリフが聞けるとうれしくなってしまいそう。今回は、働く男性が勝手に脈アリだと勘ちがいする女性のセリフについて聞いてみました。

■嫌いじゃないよ

・「『○○くんのこと、嫌いじゃない』」(27歳/電機/営業職)

・「『〇〇くんのこういうとこ好きかも』」(25歳/情報・IT/技術職)

・「『○○くん、友だちじゃないからね』。友だち以下なのか、友だち以上なのかわからないので、妄想を膨らませてしまうから」(26歳/その他/その他)

きっぱり「好き」と言ってはくれないものの、少なくとも嫌われていないことはわかる「嫌いじゃない」、「好きかも」という言葉。かなり期待してしまうという男性は多そうですが、はっきり好きと言えないのは恥ずかしいからなのか、それとも本当に言葉以上の意味はないのかが迷いどころのようですね。

■彼氏だったらいいのに

・「『彼女いるんですか?』。いないとどうなの? と勘ぐってしまう」(39歳/建設・土木/技術職)

・「『私だったら絶対付き合う』」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「『タイミングが合えば付き合っていたのに』」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「『君みたいな人が彼氏だったらいいのになぁ』」(29歳/その他/その他)

もし恋人同士だったら……という仮定で話をしてくるというのは、男性に「自分と恋人だったら」というシチュエーションを想像してもらいたいと思っているのかも。女性としては、思わせぶりな意味で言っているだけでなく、男性の気持ちを探る意味もある言葉かもしれませんね。

■安心感がある

・「『一緒にいると落ち着く』」(34歳/その他/その他)

・「『頼もしい』みたいなことを言われると、少し真に受けるかな」(32歳/その他/事務系専門職)

・「『安心感がある』」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

自分にとって特別な存在だということをにおわせるような言葉。頼りがいがあって、一緒にいると安心感があるというのは、男としての存在を認めているという意味でもありますよね。ただ、女性によっては単に甘えたいだけということもあるので、ここで勘ちがいすると男女の温度差が生まれてしまいそうです。

■一緒にいたい

・「『今度二人っきりで遊びに行かない?』」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「『一緒に行ってもいい?』」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「『あなたといると楽しい』などの発言や、『一緒にいたい』などの発言」(29歳/その他/その他)

女性が二人きりで出かけてもいい、一緒にいたいというのはかなりその人に好意を持っているのはまちがいなさそう。ただ、本当に好きかどうかを見極めるためにとりあえずデートしてみようかなという軽い気持ちの場合もあるので、ここでがっついてこられると一気に冷めることもありそうですね。

■まとめ

女性の何気ないひと言に一喜一憂する男性たち。決して振り回すつもりはないけれど、女性としても自分の気持ちに自信が持てないときには、曖昧なサインを送ってしまうこともありそうですね。ひとつのセリフだけにこだわらず、ほかの部分でも好意を感じられるか、ほかの男性とはちがった態度を取ることがあるのかということを見極めれば、脈アリだと勘ちがいして玉砕することもないかも。女性のみなさんも、男性の脈アリなセリフに振り回されないよう気をつけてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月24日~26日
調査人数:248人(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ