お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

このタイミングで!? デート前に生理が来たときの彼氏への伝え方

デートや大事なイベントがある日に限って、生理とあたってしまうことはありませんか? 生理のときは体調も優れないので、できれば遠出はしたくないですよね。ではそんなとき、女性のみなさんはどうやってパートナーに伝えているのでしょうか? お話を聞いてみました!

■「女の子の日」とぼやかして言う

・「いつも『女の子の日』と伝えています」(23歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「なんとなく、しんどいとか、女の子の日とかぼやかして言う」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『今日女の子の日です』って伝えています。直接言葉にするのは恥ずかしいので」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

生理のことを伝えるとき「女の子の日だから」という女性は多いようです。直接「生理」というのは恥ずかしくても「女の子の日」なら言いやすいし、彼もわかってくれそうですね。

■お腹が痛いことをアピールする

・「今日お腹が痛くて体がつらいからと暗に生理だと伝える」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「ちょっと今日、体調が悪くて……ってお腹をかばうしぐさをする」(28歳/金融・証券/営業職)

・「『今日はお腹が痛くなる日なの』と伝えるようにしている。彼も察してくれる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

生理のときは生理痛があるので「今日、ちょっとお腹が痛くて……」と言う人も。これも直接的な表現ではないので伝えやすいし、付き合いの長い彼なら察してくれそうですね。

■はっきり伝える

・「普通に生理だと伝える。回りくどいとわかってもらえない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「ストレートに生理になったと伝える。男性は曖昧に言っても気づかないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「正直に『生理になった』と言う。隠すようなことではないのできちんと言って伝える」(28歳/ソフトウェア/技術職)

隠すことでもないので、ストレートに「生理になった」と言う女性も多いようです。「なんか体調が悪い……」などは、男性にとってはまわりくどく、わかりにくいのかもしれません。

■彼氏には伝えない

・「伝えない。伝えても何もならないから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「生理のことは言わなくていいと思う。相手に気を遣わせるから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

「生理が来たことを伝えない」という人もいました。相手に伝えて生理痛が軽くなるわけでもないし、生理になったことで気を使わせるのは申し訳ない気持ちになるのかもしれませんね。

■まとめ

デートのときに生理が来たら、女性のみなさんは「女の子の日」「お腹が痛い」と遠まわしに言ったり「生理になった」とストレートに言ったり、そもそも伝えなかったりと、さまざまな対応をしているようです。あなたはこんなとき、どのようにパートナーに伝えますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数117件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]