お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!
男女の本音 ライフ全般

ぶっちゃけ困らない!? 働く男女に聞く「テレビ離れ」の本当の理由5選

さまざまなメディアで「テレビ離れ」が叫ばれ続けている昨今。みなさんのまわりにも、「最近、テレビをほとんど見ていない」と言う人は増えているのではないでしょうか? もしくは、みなさん自身もそのひとりかもしれません。では、なぜテレビを見なくなったのかを働く男女に聞いてみました。

■時間がない
「仕事の終わる時間が日によってちがうから、どの番組も続けて見なくなって、いつの間にか習慣がなくなってました。かといって、録画するほどでもないし」(28歳女性/自営)

こちらが一番多い意見でした。番組に相当なインパクトがない限り、忙しいスケジュールをぬってまで見ようとは思わないようです。

■テレビなしでも話題についていける
「若いころは、テレビを見ていないと話題に乗り遅れるなんてこともあったけど、最近はネットの情報もすごく充実してるし、ぶっちゃけ必要性は感じません。とくにワイドショーは下世話な話しかしないですし、テレビから得られる情報って少ないですよね」(30歳男性/IT)

テレビにエンタメ性より“情報量”を求めている人も多いようです。メディアが多様化したことで「テレビよりも効率のいい情報の取得方法がある」と気づいたのかもしれません。

■あからさまに企業を宣伝する番組が増えた
「会社の裏側を見せたり、同業同士を対決させたり……。最近、やたらと企業を持ちあげる番組が増えたように感じて萎えました。そういうのが目につくようになると、『今ブーム!』って言われても、どうせ宣伝でしょ? って思っちゃって信じられない」(29歳女性/教育)

民放各局は、スポンサーがあってこそ成り立っているもの。だからこそ宣伝は必須ですが、あからさますぎるものは気になるよう。世間の目は厳しい……。

■見続けていた番組が路線変更してしまった
「15年くらい続いている某バラエティ番組。攻めたスタイルが大好きで、初期のころからずっと見ていたんですが、最近になり『グルメ番組?』と見間違うほど様変わり。一気に心が離れてしまい、録画予約すらもしなくなりました。またあのころに戻ってほしい!」(30歳女性/小売)

長寿の人気バラエティでも「過激な演出はNG」といった時代の波には逆らえず、路線変更をした番組も多いですよね。テレビの昔を懐かしむ声も多く聞こえてきました。

■裏切られた感じがした
「一時期、テレビ局同士で『捏造』『やらせ』と、他局の不祥事を報道し合っていたのを見て、『テレビの情報って正しくないことも多いんだ』『自分のことは棚に上げて、ほかを罵るなんて』と、絶対的な信頼が一気に崩れました。以来、テレビを見ることがムダに感じるようになり、今は映画のDVDを見るモニターとしてしか使ってません」(31歳女性/製造)

捏造報道を機に、テレビのみならずメディア全体に不信感を持ってしまう人も多いようです。一度なくした信頼を取り戻すのは難しいということですね。

しかし、このようなテレビ離れした人たちでも、大半が「オリンピックやワールドカップとなると、どうしても見たくなる」(30歳男性/IT)、「『笑っていいとも!』の最終回はじっくり見てしまった」(29歳女性/教育)など、チェックする番組もあるそうです。さまざまな“情報”が得られるテレビですが、視聴者は“感動”も求めているのかもしれません。製作陣の努力は今も昔も変わらないはず。これからも、私たちの心を動かしてくれる番組が見られるよう期待したいですね。

(佐藤真由+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ