お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

いつかは必要となる「遺影」。写真を自分で選びたい派が7割

自分の遺影は選んでおきたいですか

アスカネットは、4月4日より4月6日にかけて、全国の20代から60代の女性500名を対象に、「遺影」に関するアンケート調査を行った。

【「神前式では男装」。ミッツ・マングローブの知られざる冠婚葬祭事情。】

「自分の遺影は選んでおきたいですか」と聞いたところ、「興味がない」という意見は「あまり興味がない」と合わせ3割(30.8%)にとどまり、約7割(69,2%)が「選んでおきたい」と回答した。この回答に年齢差は無く、全ての年代で過半数を超えていることがわかった。

続いて「自分の遺影を準備していますか」と聞いたところ、「準備している」という回答はわずか2.2%だったが、「まだしていないが、準備しておきたい」が59.0%にのぼり、関心の高さがうかがえた。

また、準備しておきたい「遺影」については「スナップ写真で良い」が73.4%で、遺影写真のシーンや表情については「普段着で笑顔の遺影」を望む割合が56.8%と過半数を占める。「正装で真顔の遺影」を選択したのは、わずか5%にとどまり、ありのままの姿の写真が支持を集めた。

自分の遺影写真はどんな風にしたいですか

お役立ち情報[PR]