【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

【医師監修】妊娠初期にピンクのおりもの! 主な原因と対処法とは

妊娠初期には出血が起こることが少なくありません。出血といっても、おりものに色が付く程度のものから、腹痛を伴い大量に出るものまでさまざまです。今回はその中から、ピンクのおりものが出た場合の原因と対処法を紹介します。


妊娠初期に見られる「ピンクのおりもの」、これって何?

Lazy dummy

まずはピンク色のおりものについて、詳しくみていきましょう。

そもそも、おりものとは?

「おりもの」とは、腟や子宮、子宮頸管などの、女性性器からの分泌物のことです。医学的には「帯下(たいげ)」といいます。生理周期(主に排卵)や妊娠時、性的興奮の有無などによって分泌量や粘度などが変化します。

おりものがピンクになるのはなぜ?

個人差はありますが、心身に特に変化がなければ、おりものは「透明~白っぽい」色なことが多いです。しかし何かのきっかけでおりものが少なくなったり、色が変化することもあります。

「ピンク色」になった場合は、少量の性器からの出血がおりものに混じった状態と考えられます。とくに妊娠すると、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが増え、少しの刺激でも出血しやすい状態になることがあります。そうして出た少量の血液がおりものに混じることで、ピンク色に見えるのです。

妊娠初期に、おりものがピンクになる主な原因

妊娠中におりものがピンク色になる主な原因を以下にまとめました。

着床出血

卵子が精子と出会うと受精卵となり、胚盤胞まで発育後、子宮内膜にくっついて、その中へと潜り込んでいきます(これを「着床」と呼びます)。このとき、受精卵が潜り込んだ部分から少量の出血が見られることがあります。これを「着床出血」といいます。

着床出血は、ちょうど生理が始まるくらいのころかその少し前に起こりますが、生理よりも量が少なく、数日で終わるので「いつもの生理と違う」ことに気付くかもしれません。

なお、着床出血が起こるのは全妊娠の8~25%といわれています[*1]。つまり、着床出血は起こらない人のほうが多いもの。出血がなくても気にする必要はないですし、あっても着床出血であれば異常ではありません。

子宮頸管ポリープ

ポリープとは、皮膚や粘膜などから突出した、丸くて出っ張っている球状のものの総称です。大腸や胃、声帯などにできるものがよく知られていますが、子宮頸管にもできることがしばしばあります。

子宮頸管ポリープは出血をすることがあり、それがおりものに混じるとピンク色になることも。基本的に子宮頸管ポリープは良性ですが、出血を繰り返したり、ある程度の大きさがあったりする場合は細菌感染のリスクが高まるため、妊娠中でも切除手術を行うことがあります。

もしポリープがあるようなら、まずはかかりつけの産婦人科医とよく相談しましょう。

子宮腟部びらん

子宮腟部びらんとは、腟の奥にある子宮腟部という部分がふくらんで赤く見えている状態のことをいいます。エストロゲン(女性ホルモン)の働きで起こり、じつは成人女性ではそれほどめずらしいことではありません。見つかっても治療の必要がない場合がほとんどです。

ただし、びらんがあると、おりものが増えたり、腟炎になりやすくなったりすることがあり、場合によっては出血を繰り返すことも少なくありません。炎症があり、出血を繰り返す場合は治療が必要です。症状が続くときは、かかりつけ医師に相談しましょう。

その他の原因

・切迫流産や稽留流産
「流産しかかっている状態」である切迫流産では、少量の性器出血がみられることがあります。また出血が多い印象の流産の中でも、死亡した胎児が子宮内に留まっている「稽留流産」の場合は、出血や腹痛などの自覚症状はほとんどありませんが、少量出血することもあります。

・絨毛膜下血腫
妊娠初期の出血で比較的多い原因のひとつです。胎盤と子宮の間に血液がたまることで出血が起こります。出血と一緒におなかの張りが起こることもあります。

・異所性妊娠
卵管など子宮以外の場所に受精卵が着床した異所性妊娠(子宮外妊娠)でも、出血が起こることがあります。

・胞状奇胎
胎盤をつくる絨毛が異常に増殖し、子宮内に充満する病気です。主な症状に、妊娠初期の性器出血があります。

ピンクのおりものがみられた場合の対処法は?

Lazy dummy

妊娠初期にピンク色のおりものがみられたときは、どのように対処するのがよいのでしょう。

まずは医療機関に連絡を

超音波検査により胎嚢が子宮に着床していることがすでに確認されている妊婦さんに「ピンク色のおりもの」がみられたら、まずは医療機関に電話で連絡し、判断をあおぎましょう。

最初にもお伝えしたように、妊娠初期はエストロゲンの作用により、出血しやすい状態になることがあります。出血があっても妊娠経過や胎児の成長に異常がみられなければ、大きな問題はありませんが、念のため状況を説明して心配がないか確認しておいたほうが無難です。

あらかじめ下記の点を確認しておき、電話で伝えると良いでしょう。

・いつから出血があるか
・出血の量はどれくらいか
・においや色はどんな感じか
・ドロッとした塊のような血は含まれているか
・腹痛、おなかの張り、吐き気、貧血など、ほかの症状はあるか

出血量が多いときや他に症状があるときは早めに受診して

ただし、多量の出血がある場合や、おなかの痛みや張りがひどい場合は、夜間や時間外であっても医療機関を受診しましょう。

とくに「超音波検査により胎嚢が子宮に着床していることがまだ確認できていない」けれど妊娠の可能性がある人では、異所性妊娠(子宮外妊娠)の場合もあります。こうした場合は、迅速に対処できるようできるだけ早めの受診をおすすめします。

まとめ

ピンク色のおりものは、おりものに少量の血が混じっている状態です。妊娠初期はホルモンの影響で出血しやすい状態になっていますが、別の原因で出血していることもあります。出血がみられたら、まずはかかりつけ医に電話で相談してみましょう。心配ないことも多いのであまり慌てずに、落ち着いて対応ができるとよいですね。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、昭和大学医学部客員教授、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:山本尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]池ノ上克・鈴木秋悦・髙山雅臣 ほか編「NEWエッセンシャル 産科学・婦人科学 第3版」(医歯薬出版株式会社)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

先輩ママたちに、「今だから言える妊娠中の反省点」についてのアンケートを実施。いろいろな内容の反省が集まりました。妊娠中の方は、妊婦生活の参考にしてみてくださいね。


【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

日本には昔から、「戌の日に神社へお参りして安産祈願をする」という習慣があります。戌が多胎で安産であることから、縁起をかついだ風習です。先輩ママにアンケートをして、思い出のエピソードを教えてもらいました。コロナ禍でなかなか参拝が難しい時期ですが、参考にしてみてくださいね。


【弁護士監修】妊娠中でも離婚はできる? 知っておくべき法律とお金のハナシ。

【弁護士監修】妊娠中でも離婚はできる? 知っておくべき法律とお金のハナシ。

妊娠中でもやむをえない事情で離婚を考えることもあるでしょう。妊娠中に離婚する場合のメリットとデメリット、生まれてくる赤ちゃんの戸籍、親権、養育費がどうなるのかなど、数多くの女性の離婚相談に応えてきた、弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生に、法律、制度、お金について教えてもらいました。


【漫画】妊娠後期はコロナで巣ごもり、そして担当医から爆弾発言が……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.6

【漫画】妊娠後期はコロナで巣ごもり、そして担当医から爆弾発言が……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.6

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


【漫画】妊娠を知って赤ちゃん返り? 年長の娘が不安定に…… 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.5

【漫画】妊娠を知って赤ちゃん返り? 年長の娘が不安定に…… 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.5

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


最新の投稿


【助産師監修】妊婦は紅茶を飲んじゃダメ? どのくらいなら大丈夫?

【助産師監修】妊婦は紅茶を飲んじゃダメ? どのくらいなら大丈夫?

妊娠中には飲まない方が良いと言われる飲み物があります。最も良くないとされる飲み物の代表はアルコール飲料。次にコーヒー。コーヒーは、それに含まれているカフェインが問題になるということは、よく知られています。では、紅茶はどうでしょうか?


【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメ⁉赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメ⁉赤ちゃんへの影響は?

蜂蜜はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

東京は神保町にある絵本専門店「ブックハウスカフェ」が全面協力! プロが選ぶおすすめの絵本をセレクトして、毎月紹介します。


【助産師監修】乳製品や肉はダメって本当? 乳腺炎を予防する食事とは?

【助産師監修】乳製品や肉はダメって本当? 乳腺炎を予防する食事とは?

かかるとツライ乳腺炎。できることなら予防したいところですが、そのためにはどんな食事を心がければいいのでしょう。また脂肪分のとりすぎが乳腺炎の原因になるというのは本当でしょうか。ママが知っておきたいポイントを紹介します。


【助産師監修】乳腺炎になりかけたときの症状は? こじらせない対策3つ

【助産師監修】乳腺炎になりかけたときの症状は? こじらせない対策3つ

ママの多くが経験するおっぱいトラブルの一つが乳腺炎。どんな症状から始まるのか、知りたいママも多いはず。そこで、乳腺炎になりかけたときの症状と、こじらせないための初期の対策をご紹介しましょう。