離乳食の魚はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の魚はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食で魚はどのように取り入れていったらいいのでしょうか。白身魚と赤身魚の違いや、赤ちゃんに食べさせる魚の選び方などを解説します。刺身を使った簡単離乳食レシピもご紹介しますので、ぜひレパートリーのひとつに魚料理を入れてくださいね!


魚、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

魚の離乳食開始時期の目安

魚を始めるのは、おかゆや野菜など色々なものを食べ慣れてから。まずは白身魚からスタートしましょう。

・初期の調理:加熱して皮や骨を取り除き、細かくほぐす
・中期の調理:加熱して皮や骨を取り除き、細かくほぐす
・後期の調理:加熱して皮や骨を取り除き、細かくほぐす
・完了期の調理:加熱して皮や骨を取り除く

 ■ワンポイントアドバイス■
白身魚は身がやわらかい魚が多く、離乳初期から使いやすいです。

魚にはどんな種類がある?

Lazy dummy

色々な種類の魚がいますが、身の色によって主に「赤身魚」と「白身魚」に大別されます。
赤身魚とは、マグロやカツオなどのほか、背の青い「青魚」とも呼ばれるアジサバなどを指します。
白身魚とは、、ヒラメ、しらすカレイ、スズキなどを指します。
なお、タラも白身魚ですが、離乳食を考える上では、食物アレルギーの観点から分けて考えます。

【専門家監修】しらすを使った離乳食レシピ!レンジで塩抜き!?じゃこでもOK?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7458

食材ごとの離乳食レシピと調理のコツを、離乳食に詳しい管理栄養士の川口先生にお聞きするこのコーナー。今回のテーマは「しらす」です。電気ポットや電子レンジを使って塩抜きできる? ちりめんじゃこも離乳食に使える? など、離乳食にしらすを使う際の疑問にお教えいただきます。豆乳レシピは「青のりとしらすのごはん」です!

魚の栄養って?

魚はタンパク質が豊富である他、骨の正常な形成にとって大切なビタミンDが豊富です。また、赤身の魚には鉄分、背の青い魚には必須脂肪酸であるn-3系脂肪酸が多く含まれます。

離乳食の魚、下処理・下ごしらえの方法

Lazy dummy

加熱のコツ

離乳食では、刺身をだしなどで煮てあげるのが最適です。刺身であれば、魚の鮮度が良く、1切10〜15g程度と分量の把握もしやすいです(離乳中期あれば約1切、離乳後期であれば約2切が目安)。なお、マグロやサーモンなど脂の多い魚は湯通ししてから使いましょう。

魚の種類によって工夫を

白身魚は比較的どのような調理にも合います。赤身の魚は煮るとかたくなってパサつきやすいため、離乳期はおかゆに混ぜる、とろみをつけるなどの工夫が必要です。

 ■ワンポイントアドバイス■
無理なくチャレンジできるしらすや刺身を上手に活用しましょう。

魚の離乳食、よくある疑問

Lazy dummy

初めての魚はどんな魚から始めるのが良い?

離乳初期に選びたい魚は脂が少ない魚です。白身魚の多くは赤身の魚よりも脂が少ないので、白身魚から始めると良いでしょう。ただし、白身魚の中でも鮭は脂が多く、タラはアレルギーを発症しやすい魚です。あげてはいけないわけではありませんが、最初に症状が出ると心配になってしまうかもしれませんので、初めは鯛やしらすなどが使いやすいでしょう。

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8394

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。

アレルギーについて、どれか一つの種類の魚を食べられたら、他の魚も大丈夫?

Lazy dummy

魚のアレルゲンは魚の種類によって異なるため、複数の魚でアレルギーが出ることもあれば、特定の魚にだけアレルギー反応が出る場合もあります。また、さばなどの青魚はアレルギーに似た症状が出ることもあります。
食べたことがない魚を食べさせるのは、見守りや受診ができる余裕があるときにしましょう。

魚の加工品を使っても良い?

Lazy dummy

魚の加工品には、釜揚げしらすや缶詰、干物や練り物などがあります。
釜揚げしらすは食塩が多く含まれますが、茹でこぼして塩を抜くことでき、離乳初期から使いやすい加工品です。缶詰は油・食塩不使用の水煮ツナであれば離乳中期頃から、サバの水煮缶は離乳後期頃から使用できます。
干物や練り物は食塩量が多く、塩抜きが難しかったり、かたすぎたり弾力がありすぎて赤ちゃんに向かないことが多いため、離乳期は避けましょう。

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8393

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。

魚の離乳食レシピ! 中期・後期・完了期

Lazy dummy

<離乳中期のレシピ>白身魚のトマト煮

材料(約1食分)

・白身魚の刺身(鯛など) 1切
・トマト缶(潰し) 大さじ1
・玉ねぎ スライス1枚

作り方

① 玉ねぎはやわらかく茹でて細かくきざむ
② 耐熱容器に刺身を入れ、上からトマトと玉ねぎをかける
③ ふんわりとラップをかけて、電子レンジ(600W)で10秒〜20秒加熱する

Lazy dummy
 ■ワンポイントアドバイス■
お刺身を使えば、下処理いらずで簡単に調理できますよ。

<離乳後期のレシピ>かつおのおろし煮

材料(作りやすい分量)

・かつおの刺身柵 1本(厚み1cmで切り分けて約15枚分)
・だいこん 240g(長さ5cm分)
・きゅうり 30g(1/3本)
・だし 120cc
・酒 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 大さじ3/4
・片栗粉 小さじ1と1/2
・水 小さじ2(水溶き片栗粉用)

Lazy dummy

作り方

① かつおの柵は約1cm幅に切る
② 大根はおろす。きゅうりはスライスしたものをさらに細かくきざむ
③ 小鍋にだし、酒、しょうゆ、みりん、大根おろしを入れて火にかける
④ 沸騰したらきゅうりとかつおを入れて再沸騰後3分程煮て、水溶き片栗粉でとろみをつける
⑤ 離乳食用に切り身1〜2枚と煮汁大さじ2杯を取り分け、身をほぐして混ぜる

 ■ワンポイントアドバイス■
刺身は、表面をあぶった“たたき”を使ってもOK!

<離乳完了期のレシピ>刺身でレンチン煮付け

材料(作りやすい分量)

・刺身(種類問わず) 2切
・ほうれん草などの葉物野菜 10g
・酒 小さじ1
・しょうゆ 小さじ1/2
・水 小さじ1

作り方

① 小さめの耐熱皿に刺身と刻んだ葉物野菜を入れ、調味料をしっかりまぶし、水を入れる
② ラップをして電子レンジ(600W)で約30秒加熱する
  ※中までしっかり火が通っているか確認すること

Lazy dummy
 ■ワンポイントアドバイス■
大人はお刺身定食、赤ちゃんには煮魚定食♪ ハマチやカンパチなどでもおいしいです。

まとめ

Lazy dummy

白身魚は淡白で食べやすく、赤身の魚は鉄が豊富です。色々な魚を食べることで、離乳期にとりたい栄養を補うことができますので、食べられる時期になったら色々な魚を試してみてくださいね。

この記事の執筆者
奥野由 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
前職は加工食品の研究開発職。自身の出産を機に離乳食アドバイザーを取得し、活動を開始する。ベビーフードの開発および監修の他、大阪府高槻市にて離乳食教室開催、育児広場での相談会などを実施。食品科学、調理学をベースに手軽で美味しいレシピの考案に尽力している。
◆離乳食教室 FooMiLab HP:https://www.foomilab.com/

この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:奥野由 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


エイデンアンドアネイから2種類のスワドル(おくるみ)が新発売

エイデンアンドアネイから2種類のスワドル(おくるみ)が新発売

ベビー&キッズライフスタイルブランド aden+anais(エイデンアンドアネイ)のessentials(エッセンシャルズ)は、10月19日より新商品のスナグスワドル(Snug Swaddle)とラップスワドル(Wrap Swaddle)を販売しています。


【医師監修】ビタミンK2シロップとは? 飲ませ方のポイント

【医師監修】ビタミンK2シロップとは? 飲ませ方のポイント

赤ちゃんが生まれると、すぐに「ビタミンK2シロップ」という薬を飲ませます。これは、赤ちゃんが脳出血などを起こさないようにするためで、早い時期に飲ませることが大切な薬です。今回は、ビタミンK2シロップについて詳しく説明します。


【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

赤ちゃんが繰り返し耳を触るときは、髪の毛が触れていたり、耳垢が詰まっている可能性がありますが、耳の病気や異常を疑ってみる必要もあります。ここでは、赤ちゃんが耳を触るときに考えられる理由と、関連する病気などについて紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

赤ちゃんの耳が臭うとき、その多くは「耳垢(じこう。みみあか)」が原因です。ただし、外耳炎や耳の中の異物などが原因となっている場合もあります。ここでは、赤ちゃんの耳が臭くなる原因と対処法を紹介します。


【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?

【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?

寝返りをした状態からあお向けに戻る「寝返り返り」はいつごろできるようになるのでしょうか? できない場合、何か問題はあるのでしょうか? 始まる時期の目安やできない場合、練習は必要なのかなどについて説明します。


最新の投稿


もしかしてうちも? 気になるお部屋の"ニオイ"対策は順番がポイント!

もしかしてうちも? 気になるお部屋の"ニオイ"対策は順番がポイント!

そろそろ部屋のニオイが気になってくる季節。暮らしの中でニオイの元はいろいろありますが、ひとつひとつ対策をして、生活臭のない部屋をめざしたいですね。今回はニオイの対策やポイントをご紹介します。


クローゼット環境の整備に! 「カンフルツリーブロック」の魅力

クローゼット環境の整備に! 「カンフルツリーブロック」の魅力

年に2回の衣替えは、衣類を入れ替えたら、除湿剤・防虫剤を新しいものに変えるだけで終了……という方も多いのでは? 今回ご紹介するのは、天然素材で作られた「カンフルツリーブロック」。繰り返し使えるこのブロックを、衣替えのツールに加えてみませんか?


【専門家が教える衣替え】服選びが楽しくなる! クローゼット整理のポイント

【専門家が教える衣替え】服選びが楽しくなる! クローゼット整理のポイント

洋服を出し入れすることも多いので、衣替えの時期は洋服の整理をするのにも良いタイミングです。今回は、毎日の洋服選びが楽しくなる、クローゼット整理のポイントをお伝えします。


【キッチン】こんなの欲しかった!おすすめの便利グッズ3選

【キッチン】こんなの欲しかった!おすすめの便利グッズ3選

「あると便利かも!」とついつい買ってしまうのが、キッチングッズですよね。でも、ちょっと待って! それって、ホントに必要ですか? それを使えば、あなたの家事は、楽になりますか? 気分が上がりますか……? 今回はモノ選びのハードルが高い整理収納アドバイザーが「欲しい!使いたい!」と思ったキッチングッズを紹介します。


【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

産後、なんだか「おなら」が多くなった気がする、ちょっとおなかに力を入れるだけで、出てしまう……そんな悩みはありませんか? 産後はおならが出やすくなるものなのでしょうか。また、対処方法はあるのでしょうか。産後のおならについて解説します。