離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


ツナ缶、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

離乳初期は、積極的にあげる必要はないでしょう。どうしても使いたい場合は、水煮のものをペーストにしましょう。完了期ごろからは油漬けのツナ缶もOKですが、オイルを切って使いましょう。

・中期の調理:粗くすりつぶしたり、細かくほぐしてから調理します。
・後期の調理:細かくほぐしてから調理します。
・完了期の調理:軽くほぐしてから調理します。

 ■ワンポイントアドバイス■
赤身の魚は中期(生後7ヶ月)ごろから使うことができます。

気をつけたいツナ缶の始め方

ツナ缶に使われる魚は、カツオやマグロです。カツオやマグロを試してから始めていきましょう。ツナ缶の原材料で、試していない食材の有無を確認するとよいです。

ツナ缶の種類はどんなものから始めたらいい?

Lazy dummy

ツナ缶には水煮や油漬けなどがありますが、おすすめしたいのは水煮の食塩不使用のツナ缶。食塩不使用なので、汁ごと使うことができます。離乳食では、ほぐしやすいフレークタイプがおすすめですよ。

  ■ワンポイントアドバイス■
なお、骨や皮がなくほぐして使えて便利ですが、たまに骨が入っていることもあります。すぐにつぶれるくらいの柔らかさなので、身とともにつぶすとよいでしょう。

ツナ缶の離乳食、よくある疑問

ツナ缶はどんな栄養がある? 汁は捨てる?

ツナ缶の材料にはカツオやマグロが使われますので、たんぱく質、DHAなどが補えます。
塩分不使用のツナ缶の汁は、気になる場合は捨ててもいいですが、そのまま料理に使うと、うまみが利用できます。捨てずに料理につかっても大丈夫。

 ■ワンポイントアドバイス■
ツナ缶の汁にもDHAなどが含まれています。

冷凍保存もできる?

ほぐして、1回分の量ごとに小分けにして冷凍すると便利。スープごとでも可。

食塩不使用の水煮缶が手に入らなかったらどうしたらいい?

食塩の入ったタイプの水煮缶は、魚の身を取り出し茹でて塩抜きする方法があります。また、油漬けは、熱湯をかけて油抜きをしてから使いましょう。1歳をすぎれば、オイルを切るだけで使うことができます。

ツナ缶の離乳食レシピ! 中期・後期・完了期

ツナ缶離乳食レシピ

<離乳中期のレシピ> ツナと大根みぞれあん

<離乳中期のレシピ> ツナと大根みぞれあん

材料(1回量)

・ツナ水煮缶 10g
・大根おろし 20g
・ツナ缶の汁 適量
・水溶き片栗粉 適量

作り方

① ツナをほぐして粗くすりつぶす
② 鍋にツナ缶の汁・大根おろし・1のツナを入れて煮る
③ ②を水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成

 ■ワンポイントアドバイス■
ツナ缶の汁が少ない場合は、だし汁で代用可。

<離乳後期のレシピ> ツナと野菜のトマト煮

<離乳後期のレシピ> ツナと野菜のトマト煮

材料(約1回量)

・ツナ水煮缶 15g
・玉ねぎ 10g
・ズッキーニ 10g
・トマト缶 10g
・オリーブ油 少量
・ツナ水煮缶の汁 適量

作り方

① ツナは細かくほぐしておく
② 玉ねぎとズッキーニは5mm角に切る。トマト缶は種や皮を外して、細かくきざむ
③ 鍋にオリーブ油を入れて、②の玉ねぎ・ズッキーニを炒め、ツナ缶の汁を入れてやわらかくなるまで煮る
④ ③に①のツナとトマト缶を入れて味がなじんだら完成

 ■ワンポイントアドバイス■
ツナ缶の汁が足りなかったら水を入れて煮ましょう。

<離乳完了期のレシピ> ツナチーズトースト

<離乳完了期のレシピ> ツナチーズトースト

材料(約1回量)

・ツナ水煮缶 20g
・ブロッコリー 1房
・ピザ用チーズ 5g
・8枚切り食パン 1枚

作り方

① やわらかく茹でたブロッコリーを細かく刻み、ほぐしたツナに混ぜる
② 食パン耳を外し、パンの上に1のツナをのせて、ピザ用チーズを散らす
③ オーブントースターでチーズがとろけるまで焼き、食べやすくカットする

 ■ワンポイントアドバイス■
親子で同じものが食べられます。大人用には粒こしょうをかけるとアクセントになりますよ。

まとめ

Lazy dummy

ツナ缶は加熱調理済みなので、ほぐして調理するだけでたんぱく質源となります。中期以降のたんぱく質源として気軽に取り入れられるので、ストックしておくと便利です。
無塩の水煮缶が手に入らなかった場合は、軽く茹でればOKです。買い物に行けないときなどの心強いアイテムとして上手に活用しましょう。

この記事の執筆者
夏目千恵子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
地域で離乳食講習会、育児相談を行っている他、離乳食から小学生までの、家庭で実践できる無理のない食のアドバイスを心がけた活動をおこなう。
Blog: https://ameblo.jp/kanrieiyoshichieko/

この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文:夏目千恵子 先生、監修:川口由美子 先生)

※調理撮影:マイナビウーマン子育て編集部
※そのほか挿入画像はイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

【医師監修】赤ちゃんが耳を触る理由と注意したい病気とは?

赤ちゃんが繰り返し耳を触るときは、髪の毛が触れていたり、耳垢が詰まっている可能性がありますが、耳の病気や異常を疑ってみる必要もあります。ここでは、赤ちゃんが耳を触るときに考えられる理由と、関連する病気などについて紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの耳が臭い!関連する病気と対処法

赤ちゃんの耳が臭うとき、その多くは「耳垢(じこう。みみあか)」が原因です。ただし、外耳炎や耳の中の異物などが原因となっている場合もあります。ここでは、赤ちゃんの耳が臭くなる原因と対処法を紹介します。


【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

【医師監修】風邪の赤ちゃんの過ごし方は? お世話の基本と注意点

赤ちゃんが風邪をひいたら、少しでも早く治るように症状や様子に合わせてお世話してあげましょう。ここでは、風邪のときの環境づくりや症状を楽にする方法、病院を受診する目安についてお話します。


【医師監修】赤ちゃんの歯ぐずりに効果的な3つの対処法

【医師監修】赤ちゃんの歯ぐずりに効果的な3つの対処法

生後半年前後に赤ちゃんが思い当たる理由もなく泣くことが増えたのなら、もしかしたら「歯ぐずり」かもしれません。歯ぐずりとはいったい何なのでしょうか。家庭でできる対処法についても説明します。


【医師監修】赤ちゃんの口内炎 | 6つのケースと対処法

【医師監修】赤ちゃんの口内炎 | 6つのケースと対処法

赤ちゃんにはたまに口内炎ができることがあります。口内炎には大きく6つのケースがあり、症状もそれぞれ違います。赤ちゃんの口内炎にはいったいどのような原因があり、どのようにケアしていけばよいのでしょうか。


最新の投稿


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!


【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

【医師監修】赤ちゃんの爪やすり人気3選 | 大事な爪の削り方と使い方

赤ちゃんの爪は数日で長くなってしまいます。赤ちゃんの爪を整えるアイテムでは爪切りの他、「爪やすり」もよく見かけますね。爪やすりの使い道や爪の長さの目安などの他、人気の赤ちゃん用爪やすりも紹介します。


離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食の作り方。知っておきたい6つの基本【管理栄養士監修】

離乳食は大人の食事とは異なるもの。離乳初期・中期・後期・完了期の発達段階によって適したかたさや調理方法が違ってきます。慣れない離乳食作りに悩むママ・パパに向けて、料理の専門家が離乳食作りの基本をお伝えします。


【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

【医師監修】赤ちゃんのでべそ(臍ヘルニア)の原因・症状・治療について

へその緒を切ったばかりの赤ちゃんの「おへそ」は、ちょっぴり膨らんでいるものです。でも、時間が経ってもおへそが出ていたら、「臍ヘルニア」の可能性もあります。臍ヘルニアになる原因や、普通の「でべそ」との違い、治療などについてお話しします。