ママのための悩み解決サイト
【医師監修】受精時に症状はある? 妊娠の兆候が出始める時期について

【医師監修】受精時に症状はある? 妊娠の兆候が出始める時期について

妊娠を心待ちにしている方にとって、生理(月経)予定日前後は期待と不安でいっぱいの時期かと思われます。一般的に、妊娠は生理の遅れで気づくことが多いようですが、その他の妊娠の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。受精時の症状の有無など、さまざまな妊娠の兆候についてお伝えします。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

受精時に痛みなどの症状はある?

Getty logo

※画像はイメージです

妊娠を待ち望んでいる方は、ちょっとした兆候も見逃したくないでしょう。妊娠初期は母体にもお腹の赤ちゃんにも大切な時期なので、できるだけ早く気づきたいと考える方も少なくないはず。生理の遅れよりも早く、受精した段階で妊娠に気づくことはできるのでしょうか?

受精とは?

生理が終わったあと卵巣には複数の卵胞が現れ、そのうちの1つが成熟して卵巣から飛び出します。これを排卵と言います。排卵した卵子は卵管膨大部という場所に到着し、射精後に卵管を通って到達した精子と出会います。射精された時点での精子の数は数億匹ですが、卵管膨大部に到達した時点では数百匹に減っています。そして、そのうち卵子の中に入り込めるのはたった一匹で、競争に勝ちぬいた一匹が入り込んだ時点で卵子にはバリアが張られ、他の精子は侵入できなくなります。このように1つの卵子と1匹の精子が結びついた瞬間を「受精」といいます。

受精の時期と兆候について

受精が可能になる時期を知るには、排卵のタイミングを知る必要があります。個人差があるため一概に「生理後の何日目に排卵日が来る」とは言えませんが、ある程度月経周期が安定している人であれば、排卵日から次回生理開始日までの日数は、基本的におよそ14日間となっています(一般的な月経周期は28日前後であるため)。

この日数からおおよその排卵日を予測することが可能です。月経周期が28日であれば、「28日‐14日=14日」で、生理開始日から約14日後に排卵日が来ると計算できます。排卵と性交渉のタイミングが合えば、だいたいこれぐらいの時期に受精も行われると考えられます。

では、受精時に特別な痛みや症状などを感じることはあるのでしょうか? 通常、そのような症状が出ることはないとされています。妊娠までの過程は外からは知る術のない部分で静かに行われています。そのため、よほど敏感な人でも症状としてキャッチすることは難しいでしょう。

まれにこの時期になると腹痛や少量の出血が見られる人もいるようですが、これは受精時の症状ではなく、排卵による症状と考えられます。出血は排卵期出血や中間期出血と呼ばれるもので、排卵にともなうホルモン変化により起こると考えられています。

妊娠の兆候が出始めるのはいつ?

受精時に痛みなどの感覚はないことがわかりましたが、では、妊娠の兆候はいつから出始めるのでしょうか?

妊娠の成立は着床

卵管膨大部で受精した卵子(受精卵)は、細胞分裂を繰り返しながら卵管から子宮へと向かいます。そして、受精からおよそ5~7日で胞胚という状態になり子宮内膜にもぐりこみます。これが「着床」です。一般的に、受精卵が無事に子宮内膜に着床した段階を妊娠の成立とします。

早い人では着床後から妊娠の兆候を感じることも?

妊娠が成立すると、受精卵を取り巻く絨毛細胞からヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)が分泌されるようになります。妊娠のごく初期段階では自覚症状がないことがほとんどですが、敏感な人ではhCGによって「胸が張っている」「眠くなる」「イライラする」などの症状を感じることもあるようです。しかし、このような症状はPMS(月経前症候群)とも似ているので、妊娠の兆候とは言い切れません。あてはまるものがあるからと妊娠を断定したり「妊娠しているかも」と期待するのは早計と言えます。妊娠を待ち望んでいるときはちょっとした兆候でもほしいものですが、判断材料になるものではないので、あまり気にせず正確な判定ができる時期まで焦らず待つことが大切です。

妊娠がはっきりするのはいつ? サインは?

妊娠を本格的に疑い始めるのは、生理が遅れたときからがほとんどでしょう。生理日前後は早く結果を知りたいと気持ちが焦る時期でもありますよね。妊娠がはっきりする時期やサインなどについてお伝えします。

妊娠検査薬で陽性が出るのはいつから?

妊娠しているかどうか知りたい場合、まずは市販の妊娠検査薬を試すことが多いと思います。妊娠検査薬は、尿中に分泌されるhCGホルモンを検出することで妊娠を判定する仕組みになっています。

hCGは受精卵が着床してから間もなく尿にも出始めます。市販の妊娠検査薬の場合、月経周期が28日だとすると、生理が1週間ほど遅れた時期にあたる妊娠5週目に入った頃になるとhCG濃度が検出できる感度までしっかり高まっているので、多くの製品では生理予定日の一週間後の使用を推奨しています。

生理の遅れ以外にサインはある?

妊娠の可能性を疑う大きなサインは生理の遅れですが、この他に基礎体温の変化でも妊娠の可能性を知ることができます。

基礎体温は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類の女性ホルモン分泌バランスによって変動します。正常な基礎体温周期では、生理中から排卵前までは卵胞ホルモンの分泌が盛んな低温期、排卵後から生理前までは黄体ホルモンの分泌が盛んな高温期になります。

しかし、妊娠が成立すると黄体ホルモンが分泌され続けるため高温期が続きます。生理予定日を過ぎても生理が来ず、基礎体温が高温を維持し続けている場合は妊娠が疑われます。一般的に、高温期が17日以上続く場合は妊娠の可能性が高いとされています。

この他、敏感な方ではホルモン分泌の変化にともなう体調の変化が現れることもあるとされますが、全員にあてはまることではないので、そういう場合もあるというくらいにとらえておくといいでしょう。

まとめ

妊娠を心待ちにしていると、排卵日周辺や生理前後のささいな変化に敏感になってくるものです。でも、兆候はあくまでも兆候でしかありません。症状の現れ方には個人差があるので、あまり気にしすぎるのはよくないでしょう。妊娠するとホルモンの関係で基礎体温は高温を維持し、生理は来なくなります。妊娠が疑われるこのようなサインが見られたら、適切な時期を待って妊娠検査薬で確認してみましょう。検査薬だけで妊娠の確定はできないので、陽性反応が見られたらできるだけ早く産婦人科を受診してきちんと検査してもらってください。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】これはイケた!私のつわり対策食べ物21選<ママ体験談>

【助産師解説】これはイケた!私のつわり対策食べ物21選<ママ体験談>

妊娠中に多くの女性を悩ませる「つわり」。気持ちが悪い時でも「これは食べられた!」という食品を、ママの体験談と共にご紹介! さらに、妊娠中に気をつけるべき食べ物や飲み物についても解説しました。


【助産師解説】つわりのピークはいつ?つわりの時期はいつまで続く?<ママ体験談>

【助産師解説】つわりのピークはいつ?つわりの時期はいつまで続く?<ママ体験談>

妊娠に伴うサインのひとつである「つわり」。この気持ち悪さはいつまで続くの……と不安になる人も多いことでしょう。今回は、実際につわりを体験されたママから聞いた「つわりのピーク」「つわりがいつまで続いたか」についてお伝えします!


【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

腰痛は多くの妊婦さんが経験するマイナートラブルのひとつです。妊娠中に腰が痛くなる原因、予防のためにできること、改善が期待できるストレッチや体操についてお伝えします。少しでも日常を快適に過ごすためにお役立てください。


【医師監修】つわりはいつから?  治まるまでの期間とピーク時期の対処法

【医師監修】つわりはいつから? 治まるまでの期間とピーク時期の対処法

妊娠初期の妊婦さんを悩ませる不調の一つに、「つわり」があります。多くは妊娠16週ごろ までに自然に治まりますが、症状や期間には個人差があり、自分に合った方法で対処することが肝心です。つわりの時期を上手に乗り切る秘訣を探ってみました。


【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

流産が起こり得るのは妊娠22週未満まで。これ以降心配になってくるのが切迫早産や早産ではないでしょうか。これらはどのような場合に起こり、赤ちゃんへはどのような影響があるのでしょうか。今回は早産と切迫早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響などを詳しく説明します。


最新の投稿


【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

妊娠がわかれば、うれしい気持ちになると同時に、「赤ちゃんはちゃんと育っているだろうか」とついつい心配になってしまうものです。特に下腹部痛が起こると「もしかして、何かの異常?」と不安に思うかもしれません。ここでは、妊娠初期(~妊娠15週)に起こる下腹部痛の主な原因や対処法について解説します。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

妊娠中は赤ちゃんや胎盤・羊水の重さ、また血液の増加分などで体重が増えるのは当たり前のこと。しかし、肥満や妊娠中の体重増加が多すぎる人は、肥満によってかかりやすい疾患の発症リスクが高まったり、出産時のトラブルリスクに。妊娠中の太りすぎのリスクや、妊婦の体重をどうコントロールすれば良いのか、についてまとめました。


【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

妊娠初期のころから、たびたび感じる「お腹の張り」。妊娠後期、特に臨月に入れば、陣痛の張りなのか、そうではない張りなのか、見分け方も気になるところです。感じ方は人それぞれですが、中には注意したい「張り」もあります。今回は妊娠後期以降に感じやすいお腹の張りについてまとめました。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

「臨月」と呼ばれる妊娠10ヶ月に入ると、出産の日はもうすぐ。赤ちゃんに会えるのは楽しみだけれど、特に初めての出産の場合は陣痛がいつ始まるかドキドキ、不安な人も多いのではないでしょうか。一方で、臨月に感じるお腹の痛みすべてが陣痛ではありません。今回は臨月の腹痛について、陣痛とそのほかの痛みとの見分け方も含めてご紹介します