妊活

妊活に関する記事

妊活のやり方や始める時期、妊娠の確率など、妊活をするうえで知っておきたい情報をまとめています。生理不順の原因と対処法、PMSと妊娠初期症状の違いなど、女性ならではの悩みや疑問にも医師がお答え。妊娠の可能性があるときの対応と注意点もチェックしておきましょう。

妊活に関連するキーワード

妊活 食事 妊活 運動 排卵日 妊娠したい 女性ホルモン プロゲステロン 妊活中の生活 高齢出産 サプリメント 妊娠検査薬
>>妊活に関連するキーワード一覧

【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

妊娠したいと思ってもなかなか上手くいかないと、タイミングが合っているのか、体や年齢に問題があるのかなどが気になりますよね。今回は、妊娠の確率を高めるタイミングの取り方や、年齢と妊娠率の関係、不妊症を疑った場合の対処方法などをまとめて紹介します。


【医師監修】排卵日とは?妊娠しやすい日との関係と予測方法

【医師監修】排卵日とは?妊娠しやすい日との関係と予測方法

妊活をする上で重要といわれる排卵日。そもそもどんな日のことなのか、いつ起こるのか、なぜ妊娠のために重要なのか、などの “排卵日の基本” を知って、妊娠の確率をあげるために活かしましょう。自分の排卵日を予測する方法もあわせて紹介します。


【医師監修】50歳での妊娠は可能?  妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

【医師監修】50歳での妊娠は可能? 妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

晩婚化が進み、40代後半に出産する女性もそれほど珍しくなくなってきました。しかし50歳以上となるとまだまだ稀。加齢とともに妊娠することは難しくなり、また妊娠期間中や出産によるリスクも低くありません。ここでは50歳以降の妊娠・出産の可能性について詳しく解説していきます。


【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

【医師監修】40代女性の自然妊娠確率と妊娠を望む場合に心がけたいこと

女性の社会進出と晩婚化が進むにつれ、35歳以上のいわゆる「高齢出産」(高年出産)の割合も上昇してきました。しかし年齢を重ねてからの妊娠・出産がさまざまな困難とリスクを伴うことはご存知の方も多いと思います。今回、40代の女性に焦点を当て、自然妊娠の確率、妊娠・出産のリスク、妊娠を目指すうえでのポイントをまとめました。


【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

一度に3人の命を宿す。三つ子を妊娠したら、そんな奇跡に喜びもひとしお、と同時に不安を抱えるママも多いことでしょう。これからどんなことに備えればいいか、注意したい点はなにか。三つ子のママのギモンや不安に応えていきます。


【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

「早く赤ちゃんが欲しい!」と思ったら、排卵日を把握することがポイント。理由は、妊娠しやすい時期と排卵日は関連しているからです。では、その排卵日はどうすればわかるのでしょうか? 計算でわかるもの? 今回は排卵日を計算する方法をご紹介します。


【医師監修】葉酸を食べ物から摂る時の注意点、葉酸サプリを選ぶポイント

【医師監修】葉酸を食べ物から摂る時の注意点、葉酸サプリを選ぶポイント

妊娠を計画中の女性や妊婦さんに欠かせない栄養素「葉酸」はサプリメントからの摂取も推奨されていますが、基本となるのはやはり食事からの摂取。葉酸を食事から摂取する際の注意点や上手な摂取方法などをまとめました。


【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

妊活でタイミングを計りたいとき、いつ排卵をするのか、排卵日がいつなのかを知ることがポイントになります。排卵の機会は限られているので、できるだけ正確に予測したいですね。ここでは排卵日の予測について主な4つの方法を紹介します。


【医師監修】排卵日と体温の関係は?基礎体温パターンと予測の仕方

【医師監修】排卵日と体温の関係は?基礎体温パターンと予測の仕方

赤ちゃんが欲しいカップルにとって、排卵日を知ることは最初の一歩とも言える大切なこと。排卵のタイミングは、いくつかの方法である程度把握することができます。中でも一番簡単なのは「体温を測る」こと。体温から何がわかるのか、排卵との関係などを解説します。


【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

【医師監修】高齢出産による4つのリスクとは 何歳からが高齢妊娠?

35歳を超え、40歳近くで出産する人も珍しくない今日。一方、35歳を超えてのいわゆる「高齢出産」では若いときに比べて、いくつかのリスクが伴うことをご存知でしょうか。知っておきたい高齢出産の具体的なリスク、そして無事に出産するまでに自分でできる対策についてまとめました。


【医師監修】妊娠したい方が必ずチェックすべき「正しいタイミング」とは

【医師監修】妊娠したい方が必ずチェックすべき「正しいタイミング」とは

自然妊娠を望む場合、排卵日を特定し、適切なタイミングをはかることは大切です。もっとも妊娠しやすいタイミングの取り方や、タイミング法で自然妊娠する確率など、基本的なことをチェックしておきましょう。


【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

妊娠したかなと思ったら「妊娠検査薬」を使ってみましょう。近年では、承認審査を通った製品であればどれも精度が高いです。ここでは、妊娠検査薬の正しい使い方や判定結果の見方、選び方のポイントなどについてお伝えします。


【医師監修】排卵日前後によくある症状と体調が悪くなる原因

【医師監修】排卵日前後によくある症状と体調が悪くなる原因

生理ではないのに下腹部痛があったり、少量の出血があったりすると、ドキドキしてしまうもの。しかし、それはもしかしたら排卵日ならではの症状なのかもしれません。排卵日前後によくある症状について詳しく説明します。


【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

実際には妊娠していないのに生理が止まる、つわりのような症状が出るといった、妊娠時と似た変化が身体に生じる「想像妊娠」。ドラマや映画の世界ならともかく、現実でも本当に起こりうる現象なのでしょうか。また、想像妊娠と本当の妊娠を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。


【医師監修】受精時に症状はある? 妊娠の兆候が出始める時期はいつ?

【医師監修】受精時に症状はある? 妊娠の兆候が出始める時期はいつ?

妊娠を心待ちにしている方にとって、生理(月経)予定日前後は期待と不安でいっぱいの時期かと思われます。一般的に、妊娠は生理の遅れで気づくことが多いようですが、その他の妊娠の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。受精時の症状の有無など、さまざまな妊娠の兆候についてお伝えします。


【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

月経(生理)と関係ない時期に出血があると、不安になってしまう人が多いのではないでしょうか?  しかし、それが排卵日なのであれば、あまり心配ないケースがほとんどです。ここでは、排卵日に出血がある理由や、心配な出血との見分け方などをご紹介していきます。


【医師監修】セックスから受精・着床までの仕組みとは?

【医師監修】セックスから受精・着床までの仕組みとは?

セックスを経て妊娠が成立するまでの時期は、自覚症状を感じない人も多いのですが、体の中では実にさまざまな奇跡が起こっています。受精から着床までの詳しい段階を、日数とともに詳しくご紹介します。


【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

体温が高いことをきっかけに、妊娠の兆候を感じる女性もいるでしょう。妊娠すると、体は一気に「胎児を守り育てる」仕組みにシフトし、日常を維持するモードから切り替わります。女性ホルモンの働きが活発になって、体内に大きな変化が出てきます。そのため顕著に変化があらわれるのが「体温」です。


【医師監修】妊娠しやすい日はいつ?排卵日との関係性とは

【医師監修】妊娠しやすい日はいつ?排卵日との関係性とは

赤ちゃんが欲しいなら、妊娠しやすい日を知りましょう。自分や相手の体について知識と理解を深めれば、前向きに妊活ができるでしょう。妊娠しやすいタイミングを知って一歩ずつ進んでいきましょう。産後妊娠希望の方も必見の内容です。


【医師監修】排卵日の目安は生理周期でわかる? 何日ごろ?

【医師監修】排卵日の目安は生理周期でわかる? 何日ごろ?

排卵日のあたりは妊娠しやすいとよく聞きますが、その時期がいつごろなのかの目安はどのようにして知るものなのでしょうか。そもそも排卵日には、体の中でどのようなことが起きているのかも含め、排卵日を把握するための方法を解説します。