妊活

妊活に関する記事

妊活のやり方や始める時期、妊娠の確率など、妊活をするうえで知っておきたい情報をまとめています。生理不順の原因と対処法、PMSと妊娠初期症状の違いなど、女性ならではの悩みや疑問にも医師がお答え。妊娠の可能性があるときの対応と注意点もチェックしておきましょう。

妊活に関連するキーワード

妊活 食事 妊活 運動 排卵日 妊娠したい 女性ホルモン プロゲステロン 妊活中の生活 高齢出産 サプリメント 妊娠検査薬
>>妊活に関連するキーワード一覧

【医師監修】妊娠した!と分かる感覚はある? 妊娠超初期の変化や早くわかる方法を紹介

【医師監修】妊娠した!と分かる感覚はある? 妊娠超初期の変化や早くわかる方法を紹介

早く妊娠したいときは体のちょっとした変化に敏感になりますよね。はっきりした症状とまではいかなくとも、妊娠直後によく現れる「感覚」のようなものはあるのでしょうか。ここでは、まさに妊娠した!というタイミングに特有の感覚はあるのかどうかと、妊娠超初期に見られることがあると言われる症状について解説します。


【医師監修】生理後一番妊娠しやすい時期は? 排卵日を予測する方法

【医師監修】生理後一番妊娠しやすい時期は? 排卵日を予測する方法

妊活の手始めに確認しておきたいのが、「一番妊娠しやすい時期はそもそもいつなのか」ということですよね。生理後、いったいいつごろがその時期にあたるのでしょうか。ここでは、妊娠しやすいタイミングを知る方法について、排卵日との関係とともに解説します。


【医師監修】生理前のオリモノは透明で伸びる? 特徴や妊娠初期との違いは?

【医師監修】生理前のオリモノは透明で伸びる? 特徴や妊娠初期との違いは?

もうすぐ生理予定日というころ、「オリモノに変化」があったら気になりますね。それが妊活中であればなおさらです。生理前のオリモノには特徴があるのでしょうか。また、妊娠していた場合、オリモノに何か変化はあるのでしょうか。詳しく解説します。


【医師監修】生理が4日遅れるのは妊娠の兆候?

【医師監修】生理が4日遅れるのは妊娠の兆候?

「生理が来るはずの日から4日経ったけどまだ来ない……」。これは妊娠しているということなのでしょうか? ここでは、生理の遅れを引き起こす原因と、妊娠が理由で生理が遅れるときの特徴・対処法について解説します。


【医師監修】がっつり生理があったけど妊娠している可能性ってある?

【医師監修】がっつり生理があったけど妊娠している可能性ってある?

直前に生理のようにがっつり出血があった。そんな時でも、実は妊娠しているという可能性はあるのでしょうか。起こりうるケースごとに考えてみました。また、その出血が本当に生理かどうかの見分け方のポイントも紹介します。


【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊活中に妊娠の確率を上げるポイント

【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊活中に妊娠の確率を上げるポイント

妊活についてはさまざまな情報が飛び交っており、セックスの体位に関しては「正常位のほうが、騎乗位よりも妊娠の確率が上がる」などと言われることもあります。果たして妊娠しやすい体位は本当に存在するのでしょうか。


【医師監修】産み分けはできる?男女の産み分け方法の真実

【医師監修】産み分けはできる?男女の産み分け方法の真実

「生まれてくる赤ちゃんの性別をコントロールしたい」という考えは根強く、ちまたには男女の産み分けに関するさまざまなうわさがあふれています。生殖医療技術が進化した今、はたして性別の産み分けは可能なのでしょうか?


【医師監修】インプランテーションディップはいつ起こる? 着床完了・妊娠の確率は?

【医師監修】インプランテーションディップはいつ起こる? 着床完了・妊娠の確率は?

妊娠を望んでいる人であれば、排卵から生理予定日までは着床したかどうか気になって仕方がないということも多いはず。この時期は身体の変化に敏感になりますよね。ここでは、基礎体温に現れる変化から着床の有無を推測する「インプランテーションディップ」について紹介します。


【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

【医師監修】三つ子を妊娠する確率は?そのリスクと産後対策のヒント

一度に3人の命を宿す。三つ子を妊娠したら、そんな奇跡に喜びもひとしお、と同時に不安を抱えるママも多いことでしょう。これからどんなことに備えればいいか、注意したい点はなにか。三つ子のママのギモンや不安に応えていきます。


【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

【医師監修】妊娠の確率を上げる方法はある? 正しいタイミングと、押さえておきたい年齢の壁

妊娠したいと思ってもなかなか上手くいかないと、タイミングが合っているのか、体や年齢に問題があるのかなどが気になりますよね。今回は、妊娠の確率を高めるタイミングの取り方や、年齢と妊娠率の関係、不妊症を疑った場合の対処方法などをまとめて紹介します。


【医師監修】50歳での妊娠は可能?  妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

【医師監修】50歳での妊娠は可能? 妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

晩婚化が進み、40代後半に出産する女性もそれほど珍しくなくなってきました。しかし50歳以上となるとまだまだ稀。加齢とともに妊娠することは難しくなり、また妊娠期間中や出産によるリスクも低くありません。ここでは50歳以降の妊娠・出産の可能性について詳しく解説していきます。


【医師監修】高齢出産の危険性とリスクを減らす3つの方法

【医師監修】高齢出産の危険性とリスクを減らす3つの方法

35歳を超え、40歳近くで出産する人も珍しくない今日。一方、35歳を超えてのいわゆる「高齢出産」では若いときに比べて、いくつかのリスクが伴うことをご存知でしょうか。知っておきたい高齢出産の具体的なリスク、そして無事に出産するまでに自分でできる対策についてまとめました。


【医師監修】排卵が遅れる。考えられる原因と対策について

【医師監修】排卵が遅れる。考えられる原因と対策について

妊活中の人はもちろん、健康に毎日を過ごしたい人にとっても生理(月経)周期の乱れは心配の種ですね。排卵時期は基礎体温表などから大まかに予想可能ですが、年齢やストレスなどのほか、病気によっても遅れることがあります。ここでは、排卵が遅れる原因と対策についてみていきましょう。


【医師監修】妊娠したい方が必ずチェックすべき「正しいタイミング」とは

【医師監修】妊娠したい方が必ずチェックすべき「正しいタイミング」とは

自然妊娠を望む場合、排卵日を特定し、適切なタイミングをはかることは大切です。もっとも妊娠しやすいタイミングの取り方や、タイミング法で自然妊娠する確率など、基本的なことをチェックしておきましょう。


【医師監修】排卵検査薬はいつから陽性になる? 使うタイミングを解説

【医師監修】排卵検査薬はいつから陽性になる? 使うタイミングを解説

計画的に妊娠したいときに役立つのが「排卵検査薬」。最近ではドラッグストアなどで購入できますが、いざとなると使い方や結果判定の方法がよく分からない、ということも。排卵検査薬の正しい使い方を知っておきましょう。


【医師監修】排卵日とは?妊娠しやすい日との関係と予測方法

【医師監修】排卵日とは?妊娠しやすい日との関係と予測方法

妊活をする上で重要といわれる排卵日。そもそもどんな日のことなのか、いつ起こるのか、なぜ妊娠のために重要なのか、などの “排卵日の基本” を知って、妊娠の確率をあげるために活かしましょう。自分の排卵日を予測する方法もあわせて紹介します。


【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

【医師監修】排卵日の出血は妊娠の可能性アリ? 症状と原因まとめ

月経(生理)と関係ない時期に出血があると、不安になってしまう人が多いのではないでしょうか?  しかし、それが排卵日なのであれば、あまり心配ないケースがほとんどです。ここでは、排卵日に出血がある理由や、心配な出血との見分け方などをご紹介していきます。


【医師監修】排卵日の体調変化!つらい排卵痛の4つの原因と対策とは

【医師監修】排卵日の体調変化!つらい排卵痛の4つの原因と対策とは

生理の前になると気分がすぐれない、体調が悪くなるということは多々ありますが、実は排卵⽇の前後でも同じような症状が現れる人がいます。ここでは生理周期と排卵、排卵前後に感じる不調の原因と対策について、まとめました。


【医師監修】排卵日の排卵とオリモノの関係とは?

【医師監修】排卵日の排卵とオリモノの関係とは?

排卵とオリモノ。何となく結びつかないかもしれませんが、両方とも女性ホルモンの影響を受けていて、生理周期と密接な関わりがあるんです。ここでは排卵日の予測方法とオリモノとの関係についてみていきます。


【医師監修】排卵日の目安は生理周期でわかる? 何日ごろ?

【医師監修】排卵日の目安は生理周期でわかる? 何日ごろ?

排卵日のあたりは妊娠しやすいとよく聞きますが、その時期がいつごろなのかの目安はどのようにして知るものなのでしょうか。そもそも排卵日には、体の中でどのようなことが起きているのかも含め、排卵日を把握するための方法を解説します。