妊娠検査薬

妊娠検査薬に関する記事

妊娠検査薬の使い方と判定時期など、基礎知識とよくある疑問についてまとめています。妊娠の可能性があるときの正しい対応や、フライング検査したいときの対処法など、気になる情報もピックアップしています。


【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

妊娠したかなと思ったら「妊娠検査薬」を使ってみましょう。近年では、承認審査を通った製品であればどれも精度が高いです。ここでは、妊娠検査薬の正しい使い方や判定結果の見方、選び方のポイントなどについてお伝えします。


【医師監修】セックスから受精・着床までの仕組みとは?

【医師監修】セックスから受精・着床までの仕組みとは?

セックスを経て妊娠が成立するまでの時期は、自覚症状を感じない人も多いのですが、体の中では実にさまざまな奇跡が起こっています。受精から着床までの詳しい段階を、日数とともに詳しくご紹介します。


【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

妊娠を待ち望む人にとって、妊娠の有無は一刻も早く知りたいもの。市販の妊娠検査薬をつい早めに使ってしまう……ということもあるでしょう。そもそも妊娠検査薬はフライングで使ってもよいものなのでしょうか? また、通常の妊娠検査薬より早く調べられる検査薬とはどんなものなのでしょうか? ここでくわしく紹介します。


【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点

【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点

妊娠を待ち望む女性にとって、妊娠検査薬は妊娠の可能性を早く知ることができる大切なツールです。今回は、妊娠検査薬と最近、広く使われるようになってきた早期妊娠検査薬について、2つの違い、使用する際の注意点などを詳しく説明します。


【医師監修】妊娠検査薬で陽性が出たら? 妊娠の確率と対応のポイント

【医師監修】妊娠検査薬で陽性が出たら? 妊娠の確率と対応のポイント

赤ちゃんが欲しいと思っているとき、もし生理が遅れたら、まず試してみたくなるのが妊娠検査薬。それでは、「陽性」反応が出たら、その次はどうしたらいいのでしょうか? そもそも妊娠検査薬はどうやって妊娠の可能性を判定しているのか、その仕組みから解説します。


【医師監修】妊娠の可能性がある基礎体温表とは? 高温期の持続期間とグラフの特徴

【医師監修】妊娠の可能性がある基礎体温表とは? 高温期の持続期間とグラフの特徴

基礎体温をつけていると妊娠の兆候を早めに知ることができます。高温期が17日以上続いていたら、妊娠の可能性が高いといわれるからです。妊娠の可能性がある基礎体温表についての知識と妊娠検査薬を使う時の注意をまとめました。


【医師監修】化学流産とは? 治療は必要? その原因と症状、次の妊娠との関係

【医師監修】化学流産とは? 治療は必要? その原因と症状、次の妊娠との関係

妊娠検査薬で陽性判定が出たにもかかわらず、産婦人科で妊娠が確認されず、生理も始まった――。こんなケースで考えられるのは「化学流産」です。ここでは化学流産の原因と症状、次の妊娠への影響などについて解説します。


【医師監修】妊娠したかもしれない!初診はいつ・どこへ?今まずすることは?

【医師監修】妊娠したかもしれない!初診はいつ・どこへ?今まずすることは?

「これは妊娠したかも……」と思った時、まずやることは何でしょうか? 受診? 検査薬? 妊娠の可能性があるとき、自宅ですることと初診のタイミングや受診先、準備品などについて詳しく解説します。


【医師監修】早期妊娠検査薬は最短いつから使えてどう使うのか?

【医師監修】早期妊娠検査薬は最短いつから使えてどう使うのか?

もしかしたら妊娠したかも……? と思ったら、まず試したい妊娠検査薬。一般的な薬局で販売しており、自宅で検査できるので手軽ですよね。しかし、妊娠検査薬ってどこまで信用できるものなのでしょうか?少し精度の高い「早期妊娠検査薬」についてもフライング検査を含め、妊娠検査薬についてまとめました。


【医師監修】妊娠したかも!? 妊娠チェックすべき時の症状とは?

【医師監修】妊娠したかも!? 妊娠チェックすべき時の症状とは?

もしかしたら妊娠したかもしれないと感じたら、妊娠初期の特徴をチェックしてみましょう。妊娠初期の概念から、この時期に起こりやすい症状、注意したいことを紹介します。妊活中の方は詳細を確認しておき、妊娠したときに備えましょう。