妊活

妊活に関する記事

妊活のやり方や始める時期、妊娠の確率など、妊活をするうえで知っておきたい情報をまとめています。生理不順の原因と対処法、PMSと妊娠初期症状の違いなど、女性ならではの悩みや疑問にも医師がお答え。妊娠の可能性があるときの対応と注意点もチェックしておきましょう。

妊活に関連するキーワード

妊活 食事 妊活 運動 排卵日 妊娠したい 女性ホルモン プロゲステロン 妊活中の生活 高齢出産 サプリメント 妊娠検査薬
>>妊活に関連するキーワード一覧

【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

妊活でタイミングを計りたいとき、いつ排卵をするのか、排卵日がいつなのかを知ることがポイントになります。排卵の機会は限られているので、できるだけ正確に予測したいですね。ここでは排卵日の予測について主な4つの方法を紹介します。


【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

「早く赤ちゃんが欲しい!」と思ったら、排卵日を把握することがポイント。理由は、妊娠しやすい時期と排卵日は関連しているからです。では、その排卵日はどうすればわかるのでしょうか? 計算でわかるもの? 今回は排卵日を計算する方法をご紹介します。


【医師監修】セックスから受精・着床までの仕組みとは?

【医師監修】セックスから受精・着床までの仕組みとは?

セックスを経て妊娠が成立するまでの時期は、自覚症状を感じない人も多いのですが、体の中では実にさまざまな奇跡が起こっています。受精から着床までの詳しい段階を、日数とともに詳しくご紹介します。


【医師監修】妊娠の可能性がある基礎体温表とは? 高温期の持続期間とグラフの特徴

【医師監修】妊娠の可能性がある基礎体温表とは? 高温期の持続期間とグラフの特徴

基礎体温をつけていると妊娠の兆候を早めに知ることができます。高温期が17日以上続いていたら、妊娠の可能性が高いといわれるからです。妊娠の可能性がある基礎体温表についての知識と妊娠検査薬を使う時の注意をまとめました。


【医師監修】妊娠時の基礎体温はどうなる? 妊娠の兆候が見られるパターンとは

【医師監修】妊娠時の基礎体温はどうなる? 妊娠の兆候が見られるパターンとは

基礎体温は体調を知るひとつのバロメーターであり、身体の変化に気づくサインでもあります。妊娠した場合、基礎体温にはどのような変化があるのでしょうか。また、基礎体温で流産の兆候などを知ることはできるのでしょうか。妊娠に関する基礎体温変化についてお伝えします。


【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

【医師監修】妊娠時に基礎体温が下がることはある? 妊娠中の体温変化とその要因

体温が高いことをきっかけに、妊娠の兆候を感じる女性もいるでしょう。妊娠すると、体は一気に「胎児を守り育てる」仕組みにシフトし、日常を維持するモードから切り替わります。女性ホルモンの働きが活発になって、体内に大きな変化が出てきます。そのため顕著に変化があらわれるのが「体温」です。


【医師監修】妊活中の男性がやるべきこととは? 意外に多い男性不妊と普段気を付けたいこと

【医師監修】妊活中の男性がやるべきこととは? 意外に多い男性不妊と普段気を付けたいこと

妊活はまだまだ「女性が頑張るもの」というイメージ強いかもしれませんが、本来は夫婦が協力して行うもの。赤ちゃんを望んでいるのであれば、男性も積極的に妊活に取り組むことが必要です。妊活中に男性が気を付けたいことや生活の注意点などを紹介します。


【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

実際には妊娠していないのに生理が止まる、つわりのような症状が出るといった、妊娠時と似た変化が身体に生じる「想像妊娠」。ドラマや映画の世界ならともかく、現実でも本当に起こりうる現象なのでしょうか。また、想像妊娠と本当の妊娠を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。


【医師監修】妊活中に実践しておきたい! ブライダルチェック・貧血対策など5つの準備

【医師監修】妊活中に実践しておきたい! ブライダルチェック・貧血対策など5つの準備

妊娠前にしておけばよかった……そんな後悔をしないように、妊活中にやっておきたい5つの準備をまとめました。スムーズな妊娠のために、ママと赤ちゃんの健康のために、おすすめの方法です。


【医師監修】妊活中にできることとは? 妊娠の可能性を高める4つの方法

【医師監修】妊活中にできることとは? 妊娠の可能性を高める4つの方法

妊活中、「自分ができること・取り組めることをもっとしておけばよかった」と後悔する人は少なくありません。「子供が欲しい」と思った時、妊娠の可能性を少しでも高めるためにどんなことができるのかを、いま一度確認しておきましょう。


【医師監修】妊娠したかもしれない!初診のタイミングはいつ?

【医師監修】妊娠したかもしれない!初診のタイミングはいつ?

「これは妊娠したかも……」と思った時、まずやることは何でしょうか? 受診? 検査薬? 妊娠の可能性があるとき、自宅ですることと初診のタイミングや費用、産婦人科などの受診先、準備品などについて詳しく解説します。


【医師監修】化学流産とは? 治療は必要? その原因と症状、次の妊娠との関係

【医師監修】化学流産とは? 治療は必要? その原因と症状、次の妊娠との関係

妊娠検査薬で陽性判定が出たにもかかわらず、産婦人科で妊娠が確認されず、生理も始まった――。こんなケースで考えられるのは「化学流産」です。ここでは化学流産の原因と症状、次の妊娠への影響などについて解説します。


【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

妊娠を待ち望む人にとって、妊娠の有無は一刻も早く知りたいもの。市販の妊娠検査薬をつい早めに使ってしまう……ということもあるでしょう。そもそも妊娠検査薬はフライングで使ってもよいものなのでしょうか? また、通常の妊娠検査薬より早く調べられる検査薬とはどんなものなのでしょうか? ここでくわしく紹介します。


【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

妊娠したかなと思ったら「妊娠検査薬」を使ってみましょう。近年では、承認審査を通った製品であればどれも精度が高いです。ここでは、妊娠検査薬の正しい使い方や判定結果の見方、選び方のポイントなどについてお伝えします。


【医師監修】妊娠検査薬で陽性が出たら? 妊娠の確率と対応のポイント

【医師監修】妊娠検査薬で陽性が出たら? 妊娠の確率と対応のポイント

赤ちゃんが欲しいと思っているとき、もし生理が遅れたら、まず試してみたくなるのが妊娠検査薬。それでは、「陽性」反応が出たら、その次はどうしたらいいのでしょうか? そもそも妊娠検査薬はどうやって妊娠の可能性を判定しているのか、その仕組みから解説します。


【医師監修】生理前の鮮血。これって着床出血⁉ 妊娠との関係とその他の可能性

【医師監修】生理前の鮮血。これって着床出血⁉ 妊娠との関係とその他の可能性

生理が来るのは数日先のはずなのに「鮮血」が……。いつも生理が規則的な人で、こんな変化があったら気になりますね。妊娠を心待ちにしている時ならなおさらです。今回は「着床出血」で鮮血が出ることはあるのか、着床出血以外の出血原因などについて解説します。


【医師監修】妊娠しやすい日はいつ?排卵日との関係性とは

【医師監修】妊娠しやすい日はいつ?排卵日との関係性とは

赤ちゃんが欲しいなら、妊娠しやすい日を知りましょう。自分や相手の体について知識と理解を深めれば、前向きに妊活ができるでしょう。妊娠しやすいタイミングを知って一歩ずつ進んでいきましょう。産後妊娠希望の方も必見の内容です。


【医師監修】着床までに起こること。妊娠のしくみと妊活中に気を付けたいことは?

【医師監修】着床までに起こること。妊娠のしくみと妊活中に気を付けたいことは?

妊活をしているとよく耳にする「着床」。着床とは何のことで、着床するまでには何が起こるのでしょうか。それを知ることは、まさしく妊娠のしくみを知ること。ここでは、「着床までに起こること」とともに、妊活中に気を付けたい生活習慣などを紹介します。


【医師監修】妊娠率は年齢とともに下がる!加齢による卵子の変化とトラブルとは

【医師監修】妊娠率は年齢とともに下がる!加齢による卵子の変化とトラブルとは

最近、妊娠率が年齢とともに下がっていくことは広く知られるようになってきました。では、年齢を重ねることで卵子にはどんな変化が起こるのでしょうか? 加齢で起こりやすくなるトラブルとともに説明します。


【医師監修】基礎体温からわかる6つのこと! あなたの排卵期はいつ? 低温? 高温?

【医師監修】基礎体温からわかる6つのこと! あなたの排卵期はいつ? 低温? 高温?

基礎体温とは安静時の体温を指します。女性ホルモンのバランスに応じて、生理(月経)周期とともに変化する基礎体温からは、どんなことがわかるでしょうか。基礎体温から見えてくる体のリズムを日々の健康管理に活かすためのヒントをお伝えします。