【医師監修】着床とは?症状や着床完了のサインと確認方法

【医師監修】着床とは?症状や着床完了のサインと確認方法

妊娠を望んでいる人にとって、「着床」が確認できるかどうかは気になるところです。着床を自覚することは可能なのでしょうか。また、着床=妊娠と考えてよいのでしょうか。着床や妊娠の診断についてお伝えします。


着床とは?

Getty logo

※画像はイメージです

卵管内で受精した卵子(受精卵)は、子宮内部に移動しながら35時間後には細胞分裂をはじめます。受精卵は細胞分裂を繰り返しながら発育し、受精後5〜7日頃には細胞数が数百個以上の胚盤胞となります。胚盤胞は子宮内へ移動し、子宮内膜にもぐり込んで周囲から栄養を得るようになります。

この状態を「着床」といいます。

排卵から妊娠まで

排卵、受精、着床、そして妊娠が成立するまで、どのようなことが起こっているのか、それぞれ見ていきましょう。

排卵・受精・着床までのながれ

(1)排卵

女性が思春期を迎えると卵胞刺激ホルモンが分泌されるようになり、卵巣内にある卵胞が成長していきます。卵胞が成長するにつれて卵胞からはエストロゲンという女性ホルモンが分泌されます。

卵胞が18〜20mmほどになると、分泌されるエストロゲンの量はピークに達し、さらに黄体ホルモンも分泌されて卵胞から卵子が排出されます。これが「排卵」です。

排卵された卵子は卵管采(らんかんさい)と呼ばれる房状の部分でキャッチされて卵管へと移動し、子宮内部に向かいます。

(2)受精

移動した卵子は、腟内に射精された精子と卵管の広がった部分(卵管膨大部)で出会います。ここで精子と卵子は合体し「受精」が起こります。

卵子を排出した卵胞は「黄体」となり、子宮内膜を厚く、柔らかくするプロゲステロンというホルモンを分泌します。卵子が受精しなかった場合、黄体はプロゲステロンの分泌を止めて「白体」となり、月経時に排出されます。

受精しなかった場合、卵子の生存期間は排卵後12〜24時間、卵管に達した精子の受精能保有時間は24時間以内と考えられています。

(3)着床

受精卵は細胞分裂を行いながら子宮内部へと移動します。受精後3〜4日頃になると受精卵は成熟して胚盤胞となり、子宮内部に達します。子宮内部の子宮内膜はプロゲステロンの作用によって厚く、柔らかい海綿状態に保たれており、胚盤胞はその子宮内膜にもぐり込むように侵入していきます。

子宮内膜に入った胚盤胞は絨毛という根のような組織をつくり栄養摂取と定着を行って、受精後12日頃に「着床」が完了します。

(4)妊娠

着床した胚盤胞からは妊娠を維持するためにヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)という性腺刺激ホルモンが分泌されるため、尿中にこのホルモンが検出されるのが「妊娠」のサインとなります。

絨毛は後に胎盤となり、胎児への栄養供給を行います。受精卵が子宮内膜へ着床し、「胎芽」、「胎児」、胎児を発育させるために必要な胎盤や臍帯などの「胎児付属物」が子宮内に誕生した状態が「妊娠」です。

妊娠期間は、
①妊娠初期
②妊娠中期
③妊娠後期
の3つに分けられます。

着床は自覚できる?

着床が成立すると、妊娠を維持するために黄体がプロゲステロンを分泌し続けて子宮内膜を厚く、柔らかい状態に保ちます。

この時点では胚盤胞はまだ肉眼で見えず、子宮の大きさも変わりません。着床時の自覚はほとんどないといわれています。

ホルモンバランスの変化により、熱っぽい、微量の出血、おりものの変化、頭痛、吐き気などさまざまな体調の変化がみられますが、個人差があり着床を自分で判断するのは不可能です。

着床・妊娠を確定するまでの流れ

市販の妊娠検査薬

着床が始まると、胚盤胞はhCGと呼ばれるヒト絨毛性ゴナドトロピンを分泌します。妊娠時以外には分泌しないホルモンのため、妊娠を判定する検査に使われています。

妊娠検査薬はhCGに反応する抗体を使用して作られており、尿を加えると抗原抗体反応が起こって妊娠が判定できる仕組みです。

通常、妊娠の判定は産婦人科外来で行われますが、市販の妊娠検査キット精度が高くなったこともあり、自分で調べることも可能です。

経腟超音波検査

妊娠が正常かどうかを確認するために、プローブを腟から入れて行う超音波検査です。最近では妊娠4週半ばの胎嚢が確認できるようになったため、妊娠初期からの検査が可能となりました。

着床の異常・妊娠の不成立について

妊娠検査キットで陽性でも、子宮以外の場所に着床する「異所性妊娠」や「流産」などで、妊娠が成立しない場合があります。

異所性妊娠(子宮外妊娠)

「異所性妊娠」とは、子宮体部内膜以外の場所に起こった妊娠で、妊娠初期の代表的な異常妊娠のひとつです。一般には子宮外妊娠という言葉が多く使われているため、患者さんには子宮外妊娠と説明される場合もあります。

異所性妊娠の発症率は妊娠の1~2%といわれており、着床した場所によって次のように分類されます。

①卵管妊娠(卵管膨大部妊娠、卵管峡部妊娠、卵管間質部妊娠、卵管采/漏斗部妊娠)
②腹膜(腹腔)妊娠
③卵巣妊娠
④頸管妊娠
⑤帝王切開瘢痕部妊娠

卵管妊娠は「卵管膨大部妊娠」「卵管峡部妊娠」「卵管間質部妊娠」「卵管采/漏斗部妊娠」に分けられます。最も多いのが卵管膨大部妊娠で、異所性妊娠の約90%を占めます。異所性妊娠が起こった部位により、原因や症状は様々です。

<卵管妊娠>

異所性妊娠の約98%は卵管妊娠で、近年増加傾向にあります。その理由として、クラミジアによる卵管炎等の骨盤内炎症疾患や、生殖補助医療による治療の影響などが考えられています。

卵管は薄くて狭いため、ここに着床すると、卵管が胚盤胞の成育や絨毛の侵食に耐えられなくなり妊娠早期に流産や破裂が起こります。

初期症状としては無月経や不正出血などがみられますが、自覚症状がないことがほとんどです。卵管流産や卵管破裂が起こると多量の腹腔内出血や激しい下腹部痛が起こり、急激な血圧低下によりショック症状となることがあります。

卵管妊娠の治療は手術療法が基本で、状況に応じて卵管切除または卵管保存手術が選択されます。

流産

「流産」とは妊娠が22週未満で終わってしまうことを指します。妊娠が自然に中断される場合を「自然流産」、人工的に妊娠を中絶することを「人工流産」といいます。

自然流産は全妊娠の約15%といわれ、そのうち約8割以上が妊娠12週未満となっています。原因は様々で解明されていませんが、染色体異常が主な原因と考えられています。一般的には経産婦および35歳以上に多い傾向があります。

流産は、不正出血や下腹部の痛みの有無、超音波検査による胎嚢の有無・大きさや胎児(胎芽)の心拍数の確認の結果から判定されます。

流産が始まると強い下腹部痛と多量出血を訴えます。胎芽や胎児などがすべて子宮外に自然に排出される「完全流産」では出血、腹痛等は治まってきている場合が多く経過観察となることが多いのですが、一部が子宮内に残る「不全流産」では手術で内容物を取り除くことが必要です。

胎児が子宮内で死亡しても症状がなくそのまま子宮内に留まる「稽留(けいりゅう)流産」も、子宮内容物の摘出手術を行いますが、自然に排出されることを期待して経過観察となることもあります。

また、非常に早期に妊娠反応が確認できたにもかかわらず、超音波検査で胎嚢の確認ができる前に流産となる場合があります。この場合は特に治療は必要ありません。

〈切迫流産〉

流産の危険性が非常に高くなっている状態をいい、安静が必要です。

まとめ

着床により、ホルモンバランスが変化するため、体調の変化が見られる場合があります。しかし、着床したかどうかを自分で判断することはできません。着床すると、hCGというホルモンが尿中に検出され、妊娠検査キットに反応するようになります。妊娠の可能性がみられたら、妊娠の確定や妊娠が正常かどうかを確認するために、早めに産婦人科を受診しましょう。

(保健同人社)

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。