お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「頑張らなくて良いこと」も知れる。肌悩みから解放されるイプサの肌測定

#ビューティーニュース

小浜みゆ

乾燥、シミ・そばかす、毛穴、たるみ、シワ……挙げればキリがないほど、気になる冬の肌悩み。たくさんの肌悩みを解決したいがために、あらゆる化粧品に頼りたくなっちゃうけど、それって本当に必要……?
今の自分にとって必要なもの・不要なものを取捨選択して、本当に必要なものだけを知るためには、プロの力を頼るべし。イプサの世界観が堪能できる「IPSA no NIWA」で、超乾燥肌の私が冬を乗り越えるための方法を教えてもらいました!

一般初公開! 「IPSA no NIWA」に潜入

「IPSA no NIWA」はイプサの歴史やブランドの想いを知ることができる、一般公開されていない特別な空間。イプサは肌に悩みを持つ人をひとりでも多くサポートし、肌悩みから解放することを目指した「#素肌からわたしの自信をつくろう」プロジェクトの一貫で2月末まで「素肌Journeyイベント」を開催しており、抽選で当選した人のみがIPSA no NIWAへ入ることができます。特別なイベントのため応募が殺到し、なんと何十倍もの倍率だったそうです……!

黒を基調としたフロアで一際目立つのは、イプサの店舗を再現した空間。広い店舗を活かしたダイナミックなデザインとなっているのはグローバルの店舗で、左官職人が手がける繊細な美が宿るデザインが日本の店舗とのことでした。ずらりと並んだイプサのコスメたちを見るだけでも、気分が上がります。

まずは大きなスクリーンで俳優・恒松 祐里さんを起用したショートドラマ「わたしが晴れるまで」を鑑賞。イプサが実施した調査によると肌に悩みを持つ20~30代は1,236万人にのぼり、約8割の人が「肌の良し悪しがモチベーションやストレスに影響する」と答えたそう。そんな天気のように肌の調子で心まで揺らいでしまう女性を、恒松さんが演じています。私も「ご飯に行っても、素肌のきれいな人を見ると落ち込んでしまう」という主人公の気持ちに共感が止まりませんでした……。このドラマはIPSA公式YouTubeアカウントでも見ることができます。

・IPSA公式YouTubeアカウント
URL:https://www.youtube.com/channel/UCwIgkENvTITd3ZRUAxymkPg

素肌Journeyイベントのメインは、イプサのレシピストと1対1のカウンセリング&イプサライザーによる肌測定。レシピストとは顧客との対話を通して、その人の肌に最適な“レシピ”を提案してくれる専門家です。カウンセリングや肌測定は全国のイプサ店舗でも体験が可能。事前予約もしくはふらっと訪れても、無料で体験することができますよ。

片頬のメイクを落とした後は、細かく肌を測定する「スキントータルコース」を体験。肌測定器「イプサライザー」のスコープを素肌にあてて頬・口もと・目もとのキメや皮脂などを測定し、現在の肌状態を確認します。肌はシーズンで変化しやすいので、年に4回測定するのが目安です。

ドキドキしながら結果を見ると、私は水分保持力と皮脂分泌力が弱く、ハリ・弾力や透明感は保てているという結果に。個人的には「ハリのなさ」が気になっていたけれど、実はそんなに気にしなくて良いことがわかりました。客観的な数値で見ると、「やらなくて良いこと」が明確になる……!

その一方で、私がこの冬に頑張るべきポイントは「水分保持力」と「皮脂分泌力」を補うケア。まさかの皮脂分泌力は平均50のうち、たった「7」という結果に……。乾燥肌だな、とは思っていたものの、ここまで皮脂が足りていなかったとは、びっくり。自分のお手入れを反省しました。

そして肌に酸素を取り込みやすいか、そうではないかという肌質も踏まえて、レシピストにおすすめしてもらったのが化粧液「ME 8 (医薬部外品)(エム・イー8 7,150円)」です。私の肌は皮脂を分泌しにくいので、それをしっかり補ってくれるのがME 8の特徴。MEは全部で16種類あり、レシピストが見極めて提案してくれます。

「肌がゆらぎやすい」という悩みを伝えると、「バリア機能を司る角層の水切れが原因かもしれません」とのこと。ME 8を基本に「バウンス インテンス クリーム(9,900円)」で「水分を閉じ込めるようにフタをすると良いですよ」とアドバイスいただきました。


イプサライザーでは肌状態だけではなく「肌の色」も分析し、自分に似合うメイクを知ることができます。イプサでは「ブルー」「イエロー」「ピンク」の3色がバランス良く肌から反射していることが透明感のある肌を演出するために大切と考えており、私はほかの色と比べて「イエロー」が足りていないという結果に。そのため、「コントロールベイスe(イエロー)(3,300円)」でイエローを足すと、バランスの良い色味になって透明感を放つそう! 「透明感出すならブルーのコントロールカラーでしょ」と固定観念を持っていたので、とても驚きました……。

最後は自分に似合うメイク用品でお直ししてくれます。ツヤ肌に仕上がる大人気商品「ファウンデイション アルティメイトe(10,450円)」の実力も体感しつつ、さらに感動したのが、メイクを落としていない方のお直し。私は乾燥肌でとってもファンデーションが浮きやすいのですが、浮きを「ザ・タイムR デイエッセンススティックe(3,190円)」を上から塗って直してくれました。肌測定の結果、私はファンデーションを重ねてのお直しは向いていないということを踏まえての提案で、見事に美しくファンデーションの浮きを解消してもらえました……!

 

37年間愛され続ける、イプサの軌跡

肌測定後は、1986年に誕生し、一人ひとりの個性に合わせたスキンケアを提案し続けるイプサのアーカイブを見学。初代の「ME」は薬瓶のようなガラスの瓶に入っていて、現在の9代目に至るまで歴代のMEを見ることができました。まるで薬の処方箋のように、その人に合ったスキンケアのレシピを伝えるというスタイルは創業当時から変わっていません。憧れの誰かを目指すのではなく、自分自身の美しさを引き出してくれるようなイプサだからこそ、37年間も多くの人に愛されているんだな、ということを実感できました。

素肌Journeyイベント参加者には自分の素肌に合った化粧液「ME」と洗顔料、そして自分にぴったりのMEの番号がデザインされたオリジナルバッチのプレゼントも。家に帰ってから私に合う「ME 8」を使ってみると、1日で変化を実感。乾燥でごわついていた肌がふっくらし、「水分も油分も足りなかったんだなぁ」と反省しました。そしてハリ系の美容液を一度止めて、とことん水分と油分を補うお手入れにチェンジ。今の自分に合うスキンケアが見つかり、とても嬉しくなりました。

自分の肌に必要なものはもちろんのこと、「頑張らなくて良いこと」も教えてくれる、イプサの肌測定。イプサの店舗でカウンセリングと肌測定を受け、2024年の美肌を目指す道しるべを作るのもおすすめです。肌に悩みを持っている働く女子を、きっと助けてくれますよ!

・イプサ
HP:https://www.ipsa.co.jp/

(撮影・取材・文:小浜みゆ)

※この記事は2024年02月01日に公開されたものです

小浜みゆ

神奈川県在住の旅ライター。旅が大好きなのでフットワークは軽く、国内・海外の素敵な場所を求めてどこへでも。得意ジャンルはホテル・リゾート・美容。写真にこだわります。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ビューティーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE