お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

秋冬の“隠れ乾燥”まで防御! 「ベネフィーク」の新作美容液でうるおいに満たされよう

#ビューティーニュース

michika

いよいよ秋に差しかかり、過ごしやすさを感じる一方で、「急に肌の乾燥が気になってきた……」という方も多いのではないでしょうか。私もつい最近、部屋に置いてある湿度計がいつのまにか40%を大きく下回っていたのに焦り、急遽Amazonで加湿器をポチり。

さて、これで安心! ……ではなく、日々のスキンケアも“秋冬仕様”に衣替えしないといけないですよね。

今回は、そんな乾燥が気になる今からの季節にぴったりの高保湿エイジングケア(※1)美容液が「ベネフィーク」から登場したとのことで、発売記念発表会に参加してきました!

「ベネフィーク セラム」発売記念発表会の様子

実際に試したときに感じた魅力についてもたっぷりとご紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

※1 年齢に応じたうるおいケアのこと

“うるおいが湧き上がる”高保湿エイジングケア美容液

資生堂が展開する化粧品ブランド「ベネフィーク」は、赤い実の高保湿エイジングケア美容液「ベネフィーク セラム」を、2023年10月21日(土)から化粧品専門店(Omise+<オミセプラス>含む)にて全国発売しています。

ブランドが大事にしている「東洋の知恵」と「大地の恵み」を今回発売される美容液にも踏襲し、ナツメエキスやケイヒエキス、オタネニンジンエキスなど“大地の美容成分”を複数配合。

また、“大地の香気成分”として、天然精油であるオレンジエレメントも配合し、すっきりとした香りに仕上げているのもポイントです。

透明のジェルが瞬間的に浸透し、角層をうるおいで満たす仕組み。角層細胞一つひとつをうるおすことで“隠れ乾燥”まで防御できるから、本格的な乾燥シーズンに突入する前の基礎づくりにぴったりのスキンケアアイテムなんです。

ちなみに「ベネフィーク セラム」は、洗顔の後、化粧水の前に使う美容液。スキンケアの最初に使うことで、オレンジエレメントが香り立ち、スキンケアタイムがリラックスタイムへと様変わりします。

コクがありつつ、ベタつきにくいテクスチャも魅力

今回発売される「ベネフィーク セラム」を1プッシュしてみると、透明ジェルに混ざる無数の赤い粒が。実は、この赤い粒こそが美容成分なんです。

赤い粒が無数に……!

肌になじませると同時に赤い粒がはじけて、角層まで瞬間浸透。そのあとはうるおいが長時間持続し、乾燥による小ジワを目立たなくしてくれるのもうれしいポイントです。

またそれだけでなく、キメやバリア機能、透明感など20の美肌要素にもアプローチ。乾燥によるくすみを改善したり、後に使用するスキンケアアイテムのなじみを良くしたりと、あらゆる肌改善に働きかけてくれるのも大きな魅力です。

実際に手の甲に伸ばしてみると、コクを感じるテクスチャでありながらもベタつかず、スーッとなじんで気持ち良い……!

秋冬はオイルを使ったり、重ためのクリームを使ったりすることが多い中、美容液までこっくりしすぎているとベタつきが気になるから、適度なしっとり感は使いやすいですよね。

デザイン性と使いやすさを持ち合わせたフォルム

2022年に50周年を迎えた「ベネフィーク」は、いつでも時代を映す鏡として歩んできました。エイジングケアに関する長年の知見を集約し、使い心地や香りだけでなく、デザインや環境のことまで考えて完成したのが、今回発売される美容液「ベネフィーク セラム」なのです。

手にフィットしやすいデザイン

このデザインが誕生するに至ったのは、「自分を大切にするためのスキンケアだからこそ、一つひとつの動作まで心地良いものにしたい」という想いがきっかけ。丸みのあるアート作品のような見た目でありながら、アイテムとしての使いやすさを目指したのだそうです。

キャップの裏側には突起がついており、片手で開けやすいのがポイント。ディスペンサー部分も安定感があり、手が小さい私でも手軽にプッシュできたのが印象的でした。

ライトなのに朝まで保湿感が続くなんて、感動……!

長いことスキンケアアイテムを変えていなかった私ですが、いよいよ美容液は交代の予感です。なぜなら「ベネフィーク セラム」を実際に使い始めて3日目、あんなに乾燥していたお肌が柔らかくなってきたんです……(感動)!

化粧水とクリームはいつものアイテムだし、「ベネフィーク セラム」はまったくベタつかないのに、朝起きて肌を触ってみると“保湿されてる感”が残っていたのも感動。香りも良いので、癒しアイテムとしても十分使えます。

伸びが良い分、コスパも申し分無し。アラサー女性のみなさん、ぜひ手に入れて!

(取材・文:michika)

※この記事は2023年10月24日に公開されたものです

michika

27歳、フリーライター。ファッション誌の編集やweb制作を経て、現在はライフスタイルや恋愛、ビューティなど女性向けの記事をメインに活動しています。激辛ラーメンとえびがだいすき。最近ホットヨガはじめました。

 

Instagram:@michikamori
Twitter:@negitoroebikura

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ビューティーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE