お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

立体眉毛とは? 書き方&整え方を解説

BEAUTY MANIA

立体眉毛は、自眉のようなナチュラルな雰囲気と適度な抜け感が魅力。今回は、立体眉毛の書き方と整え方を解説します。

眉毛をうつくしく見せるには形も大切ですが、立体的な質感を演出することも重要です。

例えば、どんなにきれいな形の眉毛でも、全体的に濃くのっぺりしていると違和感が出てしまいますよね。

それを回避しておしゃれな眉を手に入れるために押さえておきたいのが、立体眉毛です。今回は、立体眉毛の書き方と整え方を解説します。

立体眉毛とは? 意識したいポイントを解説

立体眉毛には、アーチ眉や平行眉ほど明確な形の決まりがありません。眉毛の長さや角度というより、毛並みや色合いで立体感を出すことが大事といえます。

ここでは、立体眉毛がどのような眉なのかイメージしやすいよう、「眉頭」「眉中」「眉尻」に分けて特徴や意識したいポイントを紹介します。

(1)眉頭

手を加えすぎず、自眉を生かすのが立体眉毛の基本です。

眉頭は、元々毛が薄めの人も少なくありません。また、上向きに生えていることが多いのも特徴。

そのため、立体眉毛における眉頭では、ふわっとした毛の立ち上がりと地肌の透け感が大切です。

スクリューブラシで上向きにとかしてしっかり毛を立て、アイブロウジェルや眉マスカラでボリュームを出すと良いでしょう。

ペンシルやパウダーで濃く書き足しすぎるのはNGです。

(2)眉中

すっぴん眉を見てみると、眉の中央部分に毛が集まって濃くなっている人が多いのではないでしょうか。

これを生かすため、立体眉毛を書く時は眉中が最も濃くなるよう調整するのもポイントです。

(3)眉尻

眉尻は、地毛がそのまま伸びたような雰囲気に仕上げたいので、切りすぎ・剃りすぎは避けましょう。

細いペンシルで1本1本書き足し、自然な毛並みを表現することが大切です。

次ページ:立体眉毛の書き方

SHARE