お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ふんわり眉の書き方とは? 完成度アップのコツや眉毛の整え方も紹介

BEAUTY MANIA

ふんわり眉とは、自然な毛並みを生かした柔らかい雰囲気の眉を指します。今回は、ふんわり眉の整え方や上手に仕上げるコツ、整え方などを解説します。

ふんわり眉とは、その名の通りふわっとした仕上がりが魅力の眉毛です。自眉の毛並みを生かしてつくるので、頑張りすぎないナチュラルな雰囲気を演出してくれますよ。

また、さまざまな人にマッチしやすいのもメリットです。覚えておけば、メイクの幅が広がるでしょう。

そこで今回は、ふんわり眉の整え方や上手に仕上げるコツ、整え方などを解説します。

ふんわり眉ってどんな眉毛? 3つの魅力を紹介

ふんわり眉には、アーチ眉や平行眉ほどはっきりした形の基準がありません。眉毛の形や角度よりも、ふわっとしたソフトな色や質感が重要といえるでしょう。

そんなふんわり眉には、以下のような魅力があります。

(1)優しい雰囲気を演出できる

眉毛をキリッと書きすぎると、近寄りがたく見えてしまう場合も。

それとは逆に、ふんわり眉は顔を優しく見せてくれます。特に、パウダーをメインで使って眉マスカラで明るくカラーリングすると、より柔らかい雰囲気に。

そのため、ふんわり眉は「初対面の相手に親しみやすい印象を与えたい」という日にぴったりでしょう。

(2)トレンド感が出る

最近は、濃すぎたりシャープすぎたりする眉よりは、適度に肩の力が抜けたような眉が人気を集める傾向にあります。この条件に当てはまる眉の1つがふんわり眉。

ピンクやオレンジといったニュアンスカラーとの相性も良いので、今っぽいメイクを取り入れたい時にもおすすめです。

(3)幅広いメイクやファッションと合う

ふんわり眉は主張が強すぎないので、幅広いメイクやファッションになじんでくれます。特に、フェミニン系・カジュアル系と相性◎

この眉の書き方を覚えておくと、さまざまなシーンで重宝するでしょう。

ふんわり眉が似合うのはこんな人!

ふんわり眉には明確な形の定義がないため、長さや角度などを調整すればどのような顔立ちや年代の人でも似合いやすいといえます。

「自眉を生かせる」という点では、眉が濃いめの人や太めの人は、ふんわり眉をつくりやすいでしょう。

次のページでは、ふんわり眉の書き方について解説します。

次のページを読む

SHARE