お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

振った側でも復縁は可能? 再び付き合いたい心理や注意点

木暮奈央

振った側が復縁したいと思った場合、やり直しは可能? また、振ったのに復縁したいと思う心理とは? 振った側からの提案で復縁する際の注意点を解説します。

付き合っていた相手を振った場合、気持ちが冷めてしまったり、相手の欠点に耐えられなくなったりする場合がほとんどです。

それにも関わらず、振った側が「復縁したい」と思うケースがないわけではありません。

なぜ自分から恋人を振ったのに、復縁したくなるのでしょうか。心理や復縁する際の注意点を解説していきます。

「復縁したい」と言い出す振った側の心理

まずは、振った側なのに復縁したいと思う時の心理を紹介していきます。一体どんな心境の変化の表れなのでしょうか。

(1) 別れて初めて相手の良さに気づいた

付き合っている時は相手に対してイライラやストレスを抱えていても、別れて会わなくなると冷静に相手の良いところが思い出せるようになります。

そうなると「話していて楽しかったな」「ここにも一緒に行きたかったな」という気持ちが生まれるパターンがあるでしょう。

別れて初めて良さを痛感するわけです。少々都合がいい話かもしれませんね。

(2)次の恋人ができなくて焦っている

世間には「恋人がいないと寂しい、恥ずかしい」という価値観を持つ人もいます。

この場合、別れてからなかなか次の恋人ができないと復縁要請をしてくることが。

「友達にダブルデートに誘われたからとりあえず復縁したい」という人もいれば、「イベントにぼっちは寂しいから」という理由の人もいるでしょう。

いずれにせよ、気持ちが戻ったわけではなく単なる焦り。新しく良い感じの相手ができると、また別れを切り出すことも。元恋人を振り回すようなタイプです。

(3) 好きな人に振られた

心変わりをして振った場合、その相手に振られたことで、都合よく復縁を切り出すことも。

「やっぱり自分のことを分かってくれるのは元恋人だけ!」という幻想を抱いているケースもありそうです。

単に失恋して寂しい気持ちに耐えられず、自分を慰めてくれそうな存在に甘えたいという心理でしょう。

(4)「元恋人に相手ができそう」と知って惜しくなった

「自分から振ったんだから、相手はいつまでも自分のことを好きなはず」と思い込む人もいます。このタイプの人は、友達から「振った相手に新しい恋人ができそう」と聞くと、急に惜しくなって復縁を持ちかけることもあるでしょう。

「自分以外に心変わりをされるなんて許せない」という人もいれば、「自分にはまだ新しい恋人がいないのに……!」と考える人もいます。

小さな子どもが、使わなくなったおもちゃを捨てようとした瞬間に嫌がるのと同じ心理なのかもしれませんね。

▶次のページでは、振った側からの提案で復縁する際の注意点を解説します。

次ページ:振った側からの提案で復縁する場合の注意点

SHARE