お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinder(ティンダー)の距離機能とは? 距離の見方や非表示にする方法を解説

山本茉莉


Tinderの「距離」に関する疑問解決Q&A


最後に、Tinderの距離機能にまつわる疑問をQ&A形式で解決していきましょう。

Q1. 位置情報オフではTinderを使えないの?


Tinderは距離をベースにマッチする仕組みのため、位置情報をオフにした状態では使用できません。

また、この設定はスマホの端末で行う必要があります。端末の設定を開き、位置情報を「常に許可」または「アプリを利用中のみ許可」にしておきましょう。

Q2.位置情報にバグが起こった時は?


位置情報の表示がおかしい場合は、アプリの再起動またはログアウトが有効です。この対処を行うと、正しい位置情報が表示されるケースがほとんど。

もしもこれで解消しない場合はTinder側でバグが発生している可能性があるので、発生の有無を公式サイトやツイッターなどで確認してみましょう。

Q3.どれくらいの距離にいる相手を探すのがおすすめ?


Tinderの会員数は地域によって差があります。そのため、最適な距離設定は都会と地方のどちらに住んでいるかによって変わってくるでしょう。

例えば会員数が少ない地域でディスカバリー設定を2kmにすると、誰も表示されない……なんてことも。まずは5km程度に設定し、表示される人数を見ながら数字を調整するのがおすすめです。

Tinderの距離機能を使いこなそう


Tinderのディスカバリー設定で距離を指定すると、その範囲内にいる人だけがスワイプ画面に表示されます。うまく活用すれば、近くにいる人とマッチできるでしょう。

一方で自分がアプリにログインした場所が位置情報に記録されるため、身バレが心配な人は有料プランで位置情報の変更・非表示を設定するのがおすすめです。

距離機能の仕組みを理解し、上手に活用してマッチにつなげましょう。

(山本茉莉)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月12日に公開されたものです

山本茉莉

あなたの「知りたい」をかなえるフリーライター。WEBメディアのディレクターを経験後、自分の文章で生きていくことを決意して独立。現在は恋愛コラムからトレンドファッション、ビジネスに関する話題まで幅広く執筆中。<ライター・編集者・読者>の3つの視点から、分かりやすい記事を届けることを信念としている。

この著者の記事一覧 

SHARE