お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自己肯定感が低い女性とは? 特徴や恋愛傾向、克服法を解説

高見綾(心理カウンセラー)

自己肯定感が低く、なかなか自信を持てない女性はいるでしょう。自己肯定感が低いと、恋愛にも悪影響が出る場合があります。今回は、自己肯定感が低い女性の特徴や原因、克服方法を、心理カウンセラーの高見綾さんに解説してもらいます。

「なぜか恋愛がうまくいかない」と感じている女性はいるのではないでしょうか。実は、自己肯定感が低いと恋愛もうまくいきにくい傾向があるようです。

そこで今回は、自己肯定感が低い女性の特徴や恋愛傾向について解説します。

自己肯定感が低い原因を知り、高めていくことで、楽しい恋愛につなげていきましょう。

自己肯定感が低い女性の特徴

まずは、自己肯定感が低い女性の特徴を見ていきましょう。

(1)1人反省会が多い

自己肯定感が低い女性は、「あの時、こう言えば良かった」など、日頃から自分の言動を気にして1人反省会を開くことが多いようです。

その理由としては、確証がないことでも「自分のせいなのではないか」というネガティブな想像をしてしまうからだと考えられます。

例えば、不機嫌な人がいると「自分が怒らせたのではないか」と不安に感じてしまう、といった具合です。

(2)「どうせ私なんて」が口癖

自己肯定感が低い女性の中には、自信がなく、「自分には魅力がない」と思い込んでいる人がいます。

そのような女性は、すねたり卑屈になったりして「どうせ私なんて」と口にしがち。

褒められても、素直に受け取れないことが多いようです。

(3)他者への評価が厳しい

自己肯定感が低い女性は自分に厳しく、自分の良いところよりも悪いところに注目しがちです。

その影響で、自分を見る時と同じように、他者へも厳しい目を向ける場合があります。

他者を批判することで「自分はあの人よりマシ」と安心したい心理が隠れているケースも。

(4)何事にも消極的

すぐに「自分にはできない」と思ってしまう傾向があるのも、自己肯定感が低い女性に見られる特徴の1つです。

やる前から「どうせできない」と思っているので気力が湧かず、何事にも消極的になりがち。

やりたいことがあったとしても、「そこまでやりたいわけじゃないし」と自分をごまかして結局やらない、といったこともあるようです。

(5)NOと言えない

自己肯定感が低い女性は、NOというのが苦手なようです。

例えば、人から頼まれたことを、本当は嫌なのに引き受けてしまうことがあります。

自分が周りからどう思われるかを気にしているため、嫌われたくなくて断れないのでしょう。

(6)人を頼ることが苦手

人を頼ることが苦手なのも、自己肯定感が低い女性に見られる特徴といえるでしょう。

「誰かを頼ったりお願い事をしたりすると相手に迷惑が掛かる」と思っているため、なるべく避けようとするのです。

また、「断られたらどうしよう」という恐れが強く、頼む前から「どうせ受け入れてもらえないだろう」と諦めている場合もあります。

次ページ:自己肯定感が低い女性の恋愛傾向

SHARE