お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

気づいて。LINEのやりとりに表れる両片思いの特徴8つ

なかむらみほ

両片思いとは、お互い好意があるのに片思いだと思い込んでいる状態のこと。そんな関係性の2人は、LINEなどでよくやりとりをしています。実は両思いの場合、LINEのやりとりにある特徴が表れる場合があります。相手の気持ちを探るきっかけにしてくださいね。

好きな人とLINEが続いていると、「もしかして両片思いかも?」と思う人もいるのではないでしょうか。両思いだと確信できず、モヤモヤしている人もいるかもしれません。

もし両片思いだとしたら、ちょっとしたきっかけで両思いになれる可能性が高いです。そこで今回は、両片思いのLINEの特徴について解説します。

両片思いのLINEの特徴8つ

両片思いとは、実際は両思いなのにお互い片思いだと思い込んでいる状態です。第三者から見れば完全に両思いなのに、本人たちはそれに気がつきません。

そんな両片思いの2人は、頻繁にLINEでやりとりをしている場合も多いもの。お互いに好意があるので、連絡を取り合っていたいと思うからです。

両片思いの場合、LINEのやりとりにある特徴が表れています。まずは、その特徴を見ていきましょう。

(1)「お疲れさま」LINEを送り合う

両片思いの2人は、仕事や学校終わりに「お疲れさま」というLINEを送り合う場合が多いという特徴があります。

お互いに好きだからこそ、「お疲れさま」と気遣っているのです。また、特に話題がなくても連絡をする口実として、「今仕事終わったよ」「お疲れさま~!」のようなやりとりをしているとも考えられます。

(2)「おはよう」「おやすみ」LINEを送り合う

好きな人から「おはよう」「おやすみ」などのLINEが来たことはありますか? 実はこれも、両片思いの可能性があるLINEの特徴です。

こうしたあいさつのメッセージが来るのは、あなたとのLINEのやりとりが生活の一部になっているため。それくらいお互いを特別な存在として認識しているからです。

(3)1日に1通以上はLINEをする

1日に1通以上LINEのやりとりをしているのも、両片思いのやりとりの特徴です。

好きな人とは少しでもつながっていたいと思うため、用事がなくても毎日やりとりをします。特に、相手から積極的にLINEが来る場合は、両片思いの可能性が高いです。

(4)何気ない会話が続く

両片思いの特徴として、LINEで何気ない会話のやりとりをしていることが挙げられます。

例えば、「今日○○食べたよ」「この間こういうことがあったんだ」など、他愛もない会話が続いていませんか?

こんな何気ない内容のメッセージが来るのは、好意がある証しです。お互いに相手のことが好きなので、やりとりが長く続きやすいのも特徴です。

(5)褒めてくれる

お互いに相手へ好意を伝えたいけれど、片思いだと思っているのでなかなか勇気が出ないのが両片思いの特徴。そんな2人は、好意をアピールするためにLINEで相手を褒めることも多いようです。

実際に会っている時には伝えられないことも、LINEなら言いやすいのかもしれませんね。

「○○のそういうところ良いよね」「いつも頑張っててえらいね」など、相手が積極的に褒めてくれるならば、好きアピールをされているのかも!

(6)質問が多い

好きな人とはなるべく長くLINEを続けたいですよね。また、相手のことをなるべく多く知りたいと思うのも両片思いあるある。

そのため、2人はお互いにLINEで相手に質問をすることも多いでしょう。最近の出来事を聞いてきたり、「休日は何してるの?」などと質問をしてきたりするのも、両片思いの特徴と言えます。

(7)返信スピードが速い

両片思いの場合は、お互いに返信スピードが速い場合が多いです。好きな人にはすぐに返信したいと思うものです。

1通の文章量は多くなくても、短いやりとりがテンポ良く続く場合が多いのも両片思いの特徴です。

(8)絵文字やスタンプが多い

文字だけだと冷たい印象になるので、絵文字やスタンプを使って明るい文章にしているのでしょう。

好かれたいという気持ちや、LINEのやりとりを楽しむ気持ちから、絵文字やスタンプが多くなると考えられます。

ただし、いつもスタンプだけの返信は脈なしの可能性があるので、「スタンプ=脈あり」だと断定してはいけません。

次ページ:LINEで両片思いを見抜く方法

SHARE