お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

片思い相手と電話したい! 内容や誘い方はどうする?

#Lily_magazin

大好きな片思い相手とは、常につながりを感じていたいもの。そのための方法として、「片思い相手と電話したい」と思う人は多いですよね。そこでこの記事では、電話の誘い方や内容について解説します。

大好きな片思い相手と電話ができたら、とっても幸せですよね。

また、電話をすることで仲が深まり、「友達」から「恋人未満」や「恋人」へ、一気に距離を縮めることもできます。

しかし、何を口実に片思い相手と電話をしたら良いか迷うのも事実だと思います。

そこで今回は、片思い相手と電話をするきっかけづくりと、電話が盛り上がるおすすめの話題について紹介します。

この記事を参考に、片思い相手との電話を楽しんでくださいね。

片思い中の電話の誘い方【男性から・女性から共通】

片思い中相手と電話をするためのきっかけづくりはとっても大切。

不自然に突然電話すると相手がびっくりしてしまうかもしれないので、今回紹介する誘い方を参考に、自然なタイミングで電話してみてくださいね。

(1)「相談したいことがある」

「相談したいことがあるから電話しても良い?」と、相談事を利用して相手を電話に誘ってみましょう。相手に重く思われないよう、当たり障りのない相談を用意しておくのがポイントです。

相談が終わったら何気ない会話をして、話が盛り上がったら「明日の夜も電話したいな」などと伝え、次につなげることもできます。

これがうまくいけば、日常的に片思い相手と電話をすることができますよ。

(2)「朝起こしてあげる」

片思い相手と電話するきっかけづくりとして、モーニングコールもおすすめです。

メッセージのやりとりをしている時に「明日朝早いんだよね」などと言われたら、翌朝何時に起きるのか聞いて「モーニングコールしようか?」と提案してみてください。

朝に電話をする習慣がついたら、徐々に何気ない時でも電話するようになり、恋が発展していくかもしれません。

(3)「5分だけ電話しよう」

人によっては、電話が苦手だったり、長電話があまり好きではなかったりします。

そんな人の電話へのハードルを下げるため、「5分だけ電話しよう」「10分だけ話そう」と、短い時間の通話を提案しましょう。

これなら相手への負担も少ないのでOKしてもらいやすいですし、話が盛り上がれば伝えた時間を超えて話せるかもしれません。

(4)「眠れないから話したい」

夜にLINEなどでメッセージをしている時に使えるテクニックです。

「なんだか眠れなくて、ちょっと話そうよ」と伝えてみましょう。

眠れない時に電話をするのは自然な流れと捉える人が多いです。そのため、違和感なく片思い相手を電話に誘うことができますよ。

(5)「寝落ち電話しよう」

寝落ち電話とは、どちらかが眠るまで電話をつないでおくこと。これは先ほど紹介した「眠れないから電話したい」と伝える方法から、一歩進んだ方法です。

夜にメッセージのやりとりをしていて、もし相手が眠れないようだったら、「じゃあ寝落ち電話する?」と誘ってみましょう。

寝落ち電話というと、ラブラブなカップルがしているイメージが強いですよね。だからこそ、片思い相手と寝落ち電話をすることで、あなたを特別な存在と認識してくれるかもしれません。

しかし寝落ち電話が好きな人もいればそうではない人もいるので、無理に誘わないように気をつけましょう。

(6)「誕生日おめでとう」

誕生日は特別なイベントなので、突然電話がかかってきても違和感を与えにくいでしょう。

「誕生日を祝いたくて電話したんだ」と伝えて、相手のリアクションを見てみましょう。

迷惑そうでなければそのまま会話を続行し、何気ない話をしてみてください。相手の反応が悪くなければ「また電話しよう」と次の電話の予定を立ててもOKです。

次ページ:片思い相手と電話する時の話題・内容は?

SHARE