お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白の返事待ち中に分かる脈ありサイン。好意を見極める6つのポイント

#Lily_magazin

告白の返事待ちの間にしてはいけない言動

告白の返事を保留にされていると、不安感から思わぬ行動を取ってしまうことがあります。

それで相手から嫌われてしまっては本末転倒。ここでは、告白の返事待ちの間にしてはいけないことについて紹介します。

(1)告白の返事を催促する

告白の返事を待っている間は、1日が長く感じますよね。「いつまで待てば良いのだろう?」と不安になりますが、だからといって返事を急かすようなことをしてはいけません。

きっと相手も真剣に悩んでいる最中です。相手を信じて、慌てずに待ちましょう。

(2)距離を詰めすぎる

連絡がない間も「今、何を考えているのだろう?」「気持ちがちゃんと伝わらなかったのかな……」と、いろいろなことを想像してしまうかもしれません。

だからといって、必要以上に連絡したり話し掛けたりして、相手との距離を詰めすぎるのは避けた方が無難。相手は、真剣に考える時間が欲しいと感じているはず。

気持ちをアピールするのも大切ですが、考える時間も与えてあげましょう。

相手からの脈ありサインを見逃さないで

勇気を出して告白した後に「ちょっと考えさせてほしい」と言われると、誰でも不安に感じるものです。いつまで返事を待てば良いか分からずにモヤモヤするかもしれません。

しかし相手は、あなたとのお付き合いを真剣に考えてくれている可能性が高いです。お付き合いをするつもりがない人には、その場でハッキリとお断りをするはずです。

告白の返事を保留にされたからといって、すぐに諦める必要はありません! 相手からの脈ありサインを見逃さないことが大事になります。

(#Lily_magazin)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月25日に公開されたものです

#Lily_magazin (恋愛専門編集プロダクション)

片思いを実らせたい、恋人がほしい、結婚したい……。全ての恋する人達に向けたコラムを発信。

異性に対する接し方やお悩み相談など、恋愛に関するノウハウをお届けします。

この著者の記事一覧 

SHARE