お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白しないと後悔する? 悔いが残る4つの瞬間とその理由

#Lily_magazin

告白せずに後悔した時の対処法

告白をしないまま終わってしまった恋愛は、後悔が長く続く可能性があります。

ここでは、そんな時の対処法を見ていきましょう。

(1)縁がなかったと割り切る

告白できないまま恋が終わってしまった場合、その相手とは縁がなかったと割り切ることも必要です。

あなたが告白する機会を逃してしまったのは、もしかすると縁がなかったからなのかもしれません。

初めのうちは、なかなか簡単には割り切れないでしょう。

ですが、「縁のある人はきっと他にいるはず」と少しずつ気持ちを切り替えて、前向きな心を取り戻してくださいね。

(2)時間が解決するのを待つ

失恋して悲しい気持ちも、時間が経てばある程度忘れられるものです。

今は告白できなかったことを深く後悔しているかもしれません。「もし、あの時告白していれば……」とばかり考えてしまうこともあるでしょう。

ですが、そういった気持ちもいつかきっと時間が解決してくれるはず。

今は無理に忘れようとするのではなく、時が経つのをゆっくりと待ちましょう。

(3)恋愛以外に夢中になれるものを探す

後悔すること自体に疲れてしまった人は、恋愛以外に夢中になれるものを探してみるのも良いでしょう。

1人でいると、つい相手のことを考えてしまったり、過去を思い出して後悔したりするかもしれません。

そんな時こそ、何か他のことに没頭する時間をつくってみてはいかがでしょうか? 少しずつ相手のことを考える時間が減っていくでしょう。

もしかすると、趣味によって新たな出会いを見つけられるかもしれませんよ。

告白をして後悔のない恋にしよう

恋心を相手に伝えるのは、とても勇気がいることですよね。

「もし振られたら……」という不安が勝って、告白をしないまま恋が終わってしまうこともあるでしょう。

ですが、そうして終わった恋は、どこかのタイミングで後悔の気持ちが出てくる可能性もあります。

せっかく誰かを好きになった気持ちを後悔で終わらせないために、少しだけ勇気を出して思いを伝えてみてはいかがでしょうか?

(#Lily_magazin)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月19日に公開されたものです

#Lily_magazin

片思いを実らせたい、恋人がほしい、結婚したい……。全ての恋する人達に向けたコラムを発信。

異性に対する接し方やお悩み相談など、恋愛に関するノウハウをお届けします。

この著者の記事一覧 

SHARE