お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人が急にどうでも良くなった原因は? 恋に疲れた時の対処法

丸山りさ(まる)

好きな人のことがどうでも良くなった、急に冷めた……など、恋愛に飽きや疲れを感じ始める人は少なくありません。とはいえ、原因が分からないとつらいですよね。今回は、好きな人のことがどうでも良くなる原因と対処法を解説します。

好きな人のことがどうでも良くなった、急に冷めた……など、恋愛に対して突然「もういいや」と感じる瞬間があるかもしれません。

好きだったはずの人のことが急にどうでも良くなるなんて、原因が分からないとつらいですよね。そこで今回は、好きな人のことがどうでも良くなる原因と対処法を紹介します。

好きな人のことがどうでも良くなる原因

好きな人のことを「どうでも良い」と感じるようになると、自分自身の心の変化に戸惑ってしまいますよね。

どうでも良くなったと感じる原因にはどのようなものがあるのでしょうか? まずは、以下の原因からあなたに当てはまるものがないか探してみてください。

(1)ストレスがたまっているから

仕事や人間関係などでストレスがたまりすぎると、キャパオーバーに陥って全てを投げ出したい気分になることがあります。

ストレスや考え事などでいっぱいいっぱいになっていないでしょうか? 今は自分の心に余裕がなく、好きな人のことを大切に考えられなくなっているのかもしれません。

(2)価値観の違いを感じたから

出会ったばかりの頃は、価値観の違いすら新鮮に感じたかもしれません。しかし、相手をよく見ていくうちに、価値観の違いに気づいて急に冷めてしまうことがあるかもしれません。

これは特に、相手を自分の中で過剰に美化していたり、相手に期待しすぎていたりすると起こりやすい現象です。

(3)相手からの愛情を感じないから

相手からの愛情をいまいち感じられない時にも、「もうどうでも良いや」と投げやりな気持ちになってしまいがち。

自分ばかり好きになって、相手からは気持ちが返ってこないと感じた時にこうした心理が働きやすくなると言えます。

(4)一緒にいて退屈だと感じたから

ドキドキすることが減った、話が噛み合わないなど、一緒にいても退屈に感じることが増えると愛情が冷めがちです。

カップルの人は、関係がマンネリ化し始めているのかもしれません。また、片思いの人も、相手の内面を知っていくうちに退屈さを感じることがあるでしょう。

(5)他に好きな人ができたから

人の気持ちは変わっていくものです。他に好きな人ができてしまって、気づくとその人のことばかり考えているという場合もあるでしょう。

既に気持ちが他の人に向いてしまっているため、どんなに好きだった人でもどうでも良いと感じるようになるのです。

次ページ:好きな人がどうでも良くなったと感じる5つの瞬間

SHARE