お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

授かり婚とは? メリット・デメリットとやることリスト

レン

授かり婚とは、おめでた婚やマタニティ婚ともいわれ、結婚より先に妊娠が分かるケース。この記事では、授かり婚のメリットとデメリット、注意点などを紹介します。

結婚をする前に赤ちゃんを授かる「授かり婚」。

実際には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

この記事では、授かり婚の特徴と注意点、やることリストなどを紹介します。

授かり婚とは?

授かり婚とは、結婚よりも妊娠が先に分かる結婚です。

「赤ちゃんを授かる」という意味から「授かり婚」と呼ばれ、「マタニティ婚」「おめでた婚」などといわれることもあります。

厚生労働省の『結婚期間が妊娠期間より短い出生の傾向』というデータによると、令和元年での結婚期間が妊娠より短い出生は、第1子出生全体のうちで18.4%。

過去20年間は20%を超える時期が長かったものの、近年、授かり婚は緩やかな減少傾向にあるようです。

次ページ:授かり婚のメリット

SHARE