お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

スクワットで「膝が痛い」と感じる原因は? 正しいフォームを解説

山内佑太郎(キックボクサー/トレーナー)

健康的のためにスクワットをしたつもりが、逆に「膝が痛くなった……」なんて経験はありませんか? もしかすると、間違ったやり方が原因かもしれません。この記事ではパーソナルトレーナーの山内佑太郎さん監修で、スクワットで膝が痛くなる原因と正しいスクワットのポイントを紹介します。

スクワットは足腰を鍛えられる効率的なトレーニングとして知られています。

道具を使わないため挑戦しやすいトレーニングですが、間違ったフォームで行うと膝が痛くなってしまうことも。

そこで今回は、スクワットで膝が痛くなる理由やNGフォーム、また膝が痛くならないスクワットの正しいやり方を紹介します。

スクワットで膝が痛くなる理由は?

スクワットで膝を痛めてしまう原因はいくつかあります。

「膝が痛いな」と感じている方は、どの理由が当てはまるかチェックしてみてくださいね。

(1)フォームが間違っている

スクワットを含めた自重トレーニングにおいて、フォームは非常に大切。正しいフォームで行わなければ体の一部分だけに負荷がかり、けがの原因となります。

スクワットの場合、本来は、太ももの表と裏、お尻、ふくらはぎなど、あらゆる筋肉を使います。

ですが、間違ったフォームで行うと膝に大きな負荷がかかってしまうのです。その結果、膝の痛みにつながります。

(2)筋肉量が足りない

人間の体は、筋肉量が足りていない部分を別の部分でカバーしようとします。

そのため太ももやお尻の筋肉が足りないと、スクワットをした時に膝でカバーすることになり、けがにつながるのです。

初めのうちは無理のない回数から行うことで、膝を痛めることなく鍛えられるでしょう。

(3)関節が硬い

スクワットは膝を曲げ伸ばしするトレーニングという印象があるかもしれません。

ですが、膝だけでなく股関節や足首も使っているのです。

股関節や足首の関節が硬いと、他の部分でカバーしようと膝に負担がかかってしまう可能性があります。

トレーニング前にストレッチを行うなどで、けがを防ぎましょう。

(4)膝に不調を抱えている

もともと膝に不調がある人は、スクワットによってさらに膝を悪くしてしまう可能性があります。

痛みがある方は、ハードなスクワットは控えましょう。

後半で紹介する代替メニューを参考にしてくださいね。

次ページ:膝を痛めるスクワットのNGフォーム

SHARE