お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TikTokで収益化する方法とは? 仕組みとやり方を解説

moeka

今や日常的にTikTok(ティックトック)を利用する人が増えていますが、中には収益化に興味がある人もいるのではないでしょうか? この記事では、これからTikTokで収益化をしたい方に向けて、その仕組みや方法を解説します。

若者を中心に多くの人が利用しているTikTok(ティックトック)。

ですが、実はTikTokで収益化ができることをご存じでしょうか?

今回は、TikTokで収益化する仕組みや方法などについて詳しく説明します。

TikTokで収益化する方法

日本版のTikTokで収益化が一般的にできるようになったのは2021年3月から。

収益を得るには、主に「TikTok LIVE Gifting(投げ銭機能)」「企業案件」「他プラットフォームへの誘導」の3つがあるので、それぞれについて詳しく説明していきます。

(1)TikTok LIVE Gifting(投げ銭機能)

TikTokで収益化する1つ目の方法は、TikTokの投げ銭機能である「TikTok LIVE Gifting」です。

これは2021年3月から日本で実装されたもので、TikTokでのライブ配信中に、視聴者が配信者へバーチャルアイテム(ギフト)を贈ることができる仕組み。

配信者が受け取ったギフトは、PayPalを通じて金銭と交換することができます。

(2)企業案件

1,000人以上など一定数のフォロワーがいる場合は、インフルエンサーとして企業から広告案件を依頼されることもあります。

仕事として依頼されるため、求められるハードルは高いですが大きな収益になる場合もあるでしょう。

(3)他プラットフォームへの誘導

TikTokの他にYoutubeチャンネルを持っている人の場合は、そちらへユーザーを誘導することで広告収入を得る方法もあります。

ただし、TikTokでもYoutubeでも一定数以上のフォロワーがいることがポイントになります。

次ページ:TikTokでどのくらい収益化できる?

SHARE