お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ギーク」の意味とは。「オタク」「ナード」との違いを解説

荒川あい子

「ギーク(Geek)」という言葉の意味をご存じでしょうか。「ギーク」とは、「オタク」と似たようなニュアンスで捉えられることが多いスラングです。今回は「ギーク」の意味と使い方、「オタク」「ナード」などの類義語との違いを解説します。

「ギーク」とは、「オタク」と似たような意味で捉えられることが多いスラングです。

今回は、そんな「ギーク」という言葉の意味を解説。併せて、「オタク」や「ナード」などの類義語との違いを紹介します。

「ギーク」とは?

まずは、「ギーク」の意味や語源について解説していきます。

「ギーク」の意味

「ギーク」とは元々、「Geek」と表記されるアメリカのスラングです。

つまらない人、流行らない服を着ている人。また、ある特定のテーマについて非常に興味を持ち、多くの知識を持っている人のことを指す言葉です。

これがそのまま日本語のネットスラングになり、日本では主にコンピューターやインターネットなどにおいてマニアックな技術や知識を持っている人というニュアンスで使用されています。

「ギーク」の語源

「ギーク」は元々、サーカスやパレードでグロテスクな芸を見せるパフォーマーのことを指す言葉でした。

それが人々に広く知られるようになったのは、アメリカのプロレスラーが相手を挑発するせりふとして「Geek!」(弱虫)と言ったのがきっかけではないかといわれています。

これをきっかけに、「ギーク」は元々の意味であるサーカスのパフォーマーから「社会に適応できない者」へと意味が転じ、現在はコンピューターマニアの人を指すようになったと考えられます。

次ページ:「ギーク」の使い方

SHARE