お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人へのLINEの返信に困った時の対処法

アーリちゃん

LINEの返信に困った時のNG対応

ここからは、いくらLINEの返信に困ったとしても、あまりおすすめしない対応の仕方を紹介していきます。

相手に変な憶測をさせたり、脈なしだと勘違いさせてしまったりするので気をつけましょう。

(1)話の途中で既読スルーする

先ほど、だらだら続くLINEに困ったら既読スルーしてしまう、という意外な対処法を紹介しました。ですが、これを話の途中でやってしまうのはNG!

相手に脈なしと思われやすい上に、距離を縮められません。脈なしと思われると、恋愛が発展しづらくなります。

会話の終わらせ方が分からない場合、相手から質問が来なくなる、相づちなどの簡単な返事になる、などがサインです。

また、前述のとおり、ただ既読スルーをするのではなく、その数日後にあなたからまた新しい話題を振ってみましょう。

(2)スタンプに文章で返信する

相手からスタンプだけが送られてきた場合、それは一旦会話を区切りたいサインかも。そこへ追い打ちをかけるように文章で質問を送るなどの行為はおすすめしません。

スタンプだけが来たなら、こちらもスタンプを返せばOK。ここで仕切り直して、後日また別の話題を送りましょう。

(3)好意をストレートに表現しすぎる

相手に自分の好意を明かしてしまうようなアピールの返信も控えましょう。

好意は見え隠れさせた方が相手の興味を引くことができます。

また、文章で素直な気持ちを伝えると、相手はどう受け取ったらいいか分からず、困惑してしまうことも。LINE上ではそんな温度差も生まれやすいので、注意が必要です。

(4)かまってちゃんアピール

好きな人とのLINEで返信に困る時、「寂しい」「相手にして」など構ってほしいことを伝えすぎるのもNGです。

たまにならかわいらしいですが、度が過ぎるとうっとうしいと思われてしまいます。相手が疲れていたり忙しかったりすれば、既読スルーされるかもしれません。

好きな人には構ってほしいものですが、LINE上では言葉にしすぎないように注意しましょう。

(5)ネガティブな内容を書く

どんなに返信に困っても、周りの人の愚痴や悪口などネガティブな内容を話題にしてはいけません。暗い話をされると、誰だって気分が落ち込んでしまいます。

難しい話や重い話も避けましょう。「でも」「だって」などの否定的なワードも良くありません。

どうしても聞いてほしいネガティブな話がある場合は、LINEではなく電話で話すか、会って直接話しましょう。声や表情が分かると、重苦しい空気になりづらいです。

(6)下ネタを振る

好きな人へのLINEの返信に困った時、下ネタに走ることも避けましょう。会話を盛り上げるには簡単な話題かもしれませんが、あまり印象は良くありません。

突然下ネタを持ちかけると、下品で軽いという印象を与えてしまうかもしれません。

LINEの返信に困った時こそ冷静に!

好きな人とのLINEで返信に困った時は、かまってちゃんアピールやネガティブな話をするなどのNG行動をしないよう注意が必要です。

相手をするのが面倒だと思われないように、落ち着いて返信しましょう。

相手の文量や返信速度に合わせる、相手が好きな話を振るなど、コツをつかんだLINEをすれば好感度を上げられます。

また、LINEがうまくいかない時は、直接会って仲良くなることも視野に入れながら距離を縮めてみてくださいね。

(アーリちゃん)

※画像はイメージです

※この記事は2021年09月28日に公開されたものです

アーリちゃん

いつまでも可愛いものを愛するフリーランスライター。恋バナ好きが高じて、恋愛コラムニストとして活動を始める。異性問わず友人の恋愛事情を追究するのが大好きな、ちょっとメンドクサイかもしれない女。他にはゲームも好きで、暇な時間さえあればゲームをしているゲームオタク。「アーリちゃん」は本名ではなく、ゲームのキャラクター名からとったもの。恋愛系がメインだが、IT系記事の執筆もしている。

この著者の記事一覧 

SHARE