お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「申し上げる」の正しい使い方は? 例文や「いたします」との違い

黒木美沙

「申し上げる」の類語

続いては、「申し上げる」に似た表現を紹介します。

「申し述べる」

「申し述べる」は「言い述べる」の謙譲語で、公の場で事情や考えを言う時に使う言葉です。

「申し述べる」は書き言葉として使うことが多いでしょう。

例文

・今から経緯を申し述べます。

「申し伝える」

「申し伝える」は、「取り次いで伝言する」という意味を持つ言葉です。

目上の人や取引先からの伝言を身内に「伝えておく」と表現する場合に「申し伝える」を使用します。

例文

・お電話いただいた旨、○○に申し伝えます。

・ご質問の件、担当者に申し伝えました。

「申し上げる」を正しく使おう

相手に敬意を表して何かを伝えたい時、よく使用する「申し上げる」という言葉。

ですが、お願いしたい時、謝罪したい時など、シーンによって使い方が変わってきます。

使い方を正しく覚えて、ビジネスシーンで適切に使えるようにしましょう。

(黒木美沙)

関連する診断をチェック

あなたはどう? 「仕事ができる人度」診断

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月19日に公開されたものです

黒木美沙

フリーの出張フォトグラファー兼Webライター。日々、家族やカップルの幸せを写真というカタチに残している。
これまで年下、年上、同い年、遠距離、同棲、死別の経験あり。当たり前の毎日は来ないと気付き、大切な人との時間を楽しく過ごしてほしいという思いで発信を続ける。

この著者の記事一覧 

SHARE