お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「できかねます」はできるorできない? 意味や正しい使い方

kirara

「できかねます」という表現は、いざ使われるとできるのかできないのか、すぐに判断できずに意味を考えてしまうことも。本記事では、そんな「できかねます」の意味や使い方を紹介。「できかねません」という表現は正しい言葉? 「いたしかねます」との違いは? などを解説します。

「できかねます」は、依頼したことの返事としてよく使われている言葉。しかし、はっきりと断るニュアンスに聞こえず、本当にできないのかどうか、受け取り手が迷ってしまうこともあるようです。

そこで今回は、「できかねます」の意味や使い方を解説。相手に使われた時も自分が使う時も迷わないよう、言葉のニュアンスを正しく理解しましょう。

「できかねます」の意味

「できかねます」は1つの言葉のように見えますが、実は「できる」と「かねる」を組み合わせた言葉。「できる」は「可能である」ことを表し、「かねる」は「することが難しい」といった意味があります。

つまり、「できかねる」と表現すると「やりたいけれどできない」ことを意味し、相手の提案や依頼を断るための言葉であることが分かります。

そのため、こちらからの提案などに対して「できかねます」と返事をもらったら、端的に言えば「できない」という意味になります。

次ページ:「できかねます」の使い方

SHARE