お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「kwsk」の意味や使い方を例文付きで解説

ひらり

「kwsk」は、インターネット上でよく目にするスラングの一種ですが、どういう意味かご存じですか? 今回はSNS言葉などにも詳しいライターのひらりさんに、「kwsk」の意味や使い方を解説してもらいます。

「ちょっとそれkwsk」なんて、LINEなどで友人から言われたことのある方はいらっしゃいませんか? インターネット上ではさまざまなスラングを目にしますが、意味が分からないとちょっと困ってしまいますよね。

今回はネットスラングの1つ「kwsk」について、その意味や使い方をまとめてみました。「kwsk」以外のスラングもご紹介しますね。

「kwsk」の意味


まず、「kwsk」という言葉の意味や語源を確認してみましょう。

「kwsk」は「詳しく」を意味するスラング


『実用日本語表現辞典』では、「kswk」について以下のように説明されています。

「詳しく」を意味するインターネットスラング。主に電子掲示板「2ちゃんねる」などで使用される。「詳しく」(kuwasiku)から母音を抜いて子音のアルファベットで表記したもの。同様に「ktkr」「gkbr」なども用いられる。

言葉の意味や何らかの出来事などについて、詳しく教えてほしい時に使われている言葉です。パソコンのキーボードでローマ字入力する時に「く」は「ku」と入力しますが、2つのキーを押す手間を省いて子音の「k」のみにし、それをつなげてできた表現が「kwsk」というわけですね。

インターネット上など、文字の上でのみ使われることがほとんどで、話し言葉として使われることはあまりありません。そのため読み方は特になく、そのまま「詳しく」と読めばよいでしょう。

「詳しく」以外にもある「kwsk」の意味


実は「kwsk」は、「詳しく」以外の意味で使われることもあります。代表的な例をご紹介しますね。

まず、人名や地名、会社名などの「川崎」、「川﨑」、「カワサキ」(kawasaki)を省略して「kwsk」と表記していることがあります。また、「かわいい、好き」(kawaii、suki)を略して「kwsk」と表現するケースも。

これらはいずれも、「kuwasiku」の母音を省略したのと同じ考え方から使われるようになった表現です。複数の意味があると混乱してしまいそうですが、ほとんどの場合は前後の文脈によって判断できるでしょう。

使う場面には要注意


これはスラング全体について言えることですが、ビジネスなど改まった場面で使うのは避けた方がよいでしょう。またプライベートであっても、目上の人や年配の方とのやり取りで使用するのもおすすめできません。

ご説明してきたとおり、「kwsk」は言葉の母音を省略してできた表現です。あくまでも略語であって正しい言葉ではないので、仕事の場などで使うには不適切と言わざるを得ません。

また、普段インターネット掲示板やSNSなどをよく目にする人には身近なスラングであっても、そういったものをあまり見ない人にとっては意味不明な文字の羅列に見えてしまう可能性も。

インターネット上での使用、もしくは友人とのメールやSNSでのみ使うなど、場面を選んで使用するのがよいでしょう。

次ページ:「kwsk」の使い方

SHARE