お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ワクテカ」とは? 意味や由来、使い方を分かりやすく紹介!

上色ゆるり

「ワクテカ」は、SNSでもよく見かけるネット用語。どのような意味か知っていますか? 今回は、ネットスラングについて数多く執筆してきたライターの上色ゆるりさんに、意味や使い方、対応する顔文字などについて解説してもらいました。

「草」「すこ」など、ネットスラングと呼ばれるインターネット特有の言葉が年々増えていますよね。SNSやネット掲示板、動画配信サービスのコメントなどでも頻繁に見かけます。

「ワクテカ」も多くの人が使っている、ネットスラングの1つ。しかし「よく見かける割には、どういう意味か分からない」という人も多いことでしょう。

そこで今回は、「ワクテカ」とは何か、意味や使い方について解説します。

「ネット用語を使いこせるようになりたい」「SNSをもっと楽しみたい」という人はぜひチェックしてみてくださいね。

「ワクテカ」とは? 意味と由来

「ワクテカ」とはそもそも、どのようにしてできた言葉なのでしょうか。そして、どのような意味で使われている言葉なのでしょうか。

まずは「ワクテカ」の意味と由来について見ていきましょう。

「ワクテカ」の意味

「ワクテカ」とは、「ワクワクテカテカ」の略語です。「ワクワクしすぎてテカっている」という意味で、ある事柄に対して期待を膨らませている状態、楽しみでワクワクしている状態を表しています。

インターネットでは、アニメや映画の告知、新作ゲームやグッズなどの最新情報に対する期待の反応として使っている人が多いようです。

また、新しく購入した物を使うまでのワクワクしている気持ち、お出かけの予定までの楽しみな気持ちといった、日常生活での出来事に対する反応として使われることもあります。

ちなみに「モーニング娘。」による、「ワクテカ take a chance」という曲もあります。大人気アイドルグループの曲名にも取り入れられるほど、「ワクテカ」は広く親しまれている言葉なのです。

「ワクテカ」の由来

「ワクテカ」は、インターネット掲示板の「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」が由来と言われています。

元々「ワクテカ」は、猫がワクワクしながら正座している姿を描いた、アスキーアートで表現されていました。その後アレンジされ、猫にテカテカとした光沢の表現が加わり、より一層ワクワクしている表情に。

そして、「ワクワクテカテカ」という言葉のみへと簡略化され、現在ではさらに省略された「ワクテカ」や「wktk」が使われています。

アスキーアートとは?

アスキーアートとは、コンピューターで入力した文字で作る絵のことを指します。数十文字使った、大掛かりなものから、「(^^)」や「(・_・)」のような顔文字も、アスキーアートの1つです。

「ワクテカ」の由来である猫のアスキーアートは、以下のように表現されていたようです。

次ページ:「ワクテカ」の顔文字

SHARE