お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「パワーワード」とは? 意味や使い方・人気のフレーズ一覧を紹介

やまだ うめ

「パワーワードって、どんな意味の言葉なんだろう?」そんな疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。今回は、「パワーワード」の意味や使い方など詳しい情報をまとめて紹介します。

テレビや雑誌・Webサイトなど、さまざまなシーンで目にする「パワーワード」という言葉。

「何となくのニュアンスで使っているけれど、それが正しいかどうかはよく分からない」という人も少なくありません。

この記事では、そんな「パワーワード」が持つシーン別の意味や、広く使われるようになった背景、人気のフレーズ一覧など、「パワーワード」にまつわる情報を詳しく紹介していきます。

パワーワードとは

「パワーワード」とは、そもそもどういった意味を持つ言葉なのでしょうか? まずはその意味から確認していきましょう。

強烈なインパクトで印象に残るフレーズ

「パワーワード」は、文字通り「power(力)」のある「word(言葉)」のことで、見る人・聞く人に強烈なインパクトを残すキャッチーで印象的なフレーズを指します。

「パワーワード」に求められるのはあくまでもインパクトなので、内容の正誤や良しあしは基本的に問われません。

たとえ理屈が通らない言葉だったとしても、見聞きした人が「すごいインパクトだ!」と感じるのなら、それは十分にパワーワードといえるでしょう。

2012年ごろからネットで人気に

「パワーワード」という言葉が一般に広く使われるようになったのは、2012年ごろのこと。

きっかけとなったのはTwitterで連載されていた小説で、「意味がよく分からないけれどインパクトのある面白い言葉」という意味合いのネットスラングとして広まったといわれています。

とはいえ、現在の「パワーワード」に「意味の分からなさ」や「面白さ」の要素は必ずしも必須ではありません。

これは、言葉が広まっていく際に起きたニュアンス上の勘違いがそのまま定着したことによるものといえるでしょう。

次ページ:「パワーワード」の元々の使われ方は?

SHARE