お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【Gmailのフォルダ分け】スマホ・PC別の設定方法を簡単解説

小坂井さと子

Gmailをフォルダ分けすることで、メールの見落としがなくなり、過去のメールも処理しやすくなります。今回はGmailで自動フォルダ分けする方法を1ステップずつ分かりやすく説明します。

Gmailを仕事で使っていると、受信トレイがいつの間にかごちゃごちゃになりませんか?

Gmailの検索機能は優秀ですが、毎回、過去のメールを探すのも大変です。そんな時、用件別や送信者別に、自動でメールがフォルダ分けされていれば便利ですよね。

設定というとむずかしそうに聞こえますが、1ステップずつ画像付きで説明していくので、その通りに進めていけば大丈夫。スマホからでも設定できますよ。

本記事ではGmailアプリを自動でフォルダ分けするための設定方法を紹介します。


Gmailのフォルダ分けとは?


Gmailでは、一般のメーラー(メールを利用する時に使用するシステム)のようなフォルダはありません。その代わりに、ラベルとフィルタを使って、メールの振り分けを行います。

Gmailアプリの特徴


多くのメーラーでは、メールはフォルダに保存します。そのため1通のメールをフォルダAに保存すると、このメールをフォルダBに追加で保存することはできません。

たとえば、差出人ごとにフォルダを作成していたとします。その後、プロジェクトでまとめたフォルダが必要になりました。

その場合、差出人ごとのフォルダに保存されているメールは、個人名フォルダからプロジェクト関連フォルダに移すなどして、振り分けをし直さなくてはなりません。

Gmailはラベルとフィルタで管理


一方、Gmailにはそのようなフォルダがありません。メールにラベルをつけて、フィルタでラベルごとに振り分けているのです。

1通のメールには複数のラベルをつけることができるので、先ほどの例で挙げた差出人名のラベルと、プロジェクトのラベルを同じメールにつけることが可能。

この「ラベル」が他のメーラーにはない、Gmailの大きな特徴です。

そしてフィルタは、条件を設定して、その条件でメールを自動で仕分けできます。ラベルを作成し、フィルタで自動仕分けすることで、メールを簡単に整理できますよ。

では、最初にラベルを作成するところから始めてみましょう。

次ページ:ステップ1:「ラベル」機能を使う

SHARE