お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご厚情」の意味とは? 使い方の注意点と例文を紹介

丸山りさ(まる)

「ご厚情」を使う時の注意点

「ご厚情」は、かしこまった丁寧な言葉ですが、場合によっては失礼な言い方になってしまうこともあります。

ここでは、「ご厚情」を使う際の注意点を見ていきましょう。

「ご厚情してください」とは言わない

「ご厚情」は目上の人からの「親切」や「厚い情け」「深い思いやり」を意味します。

そのため、「ご厚情してください」「ご厚情ください」という言葉は「深い思いやりをください」という意味になり、相手に対して大変失礼な言い回しです。

相手にお願いしたい場合は、「変わらぬご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます」という言い回しが良いでしょう。

同じ意味の言葉を重複させない

「ご厚情」には「深い思いやり」という意味があります。

「ご厚情の気持ち」や「ご厚情心」「深いご厚情」といった言葉は、同じ意味が重複するため間違った表現です。

次ページ:「ご厚情」を使った例文

SHARE