お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏が喜ぶ言葉12個。伝える時のコツは?

TETUYA

大好きな彼氏に喜んでもらいたい。そんな時には、言葉を通して気持ちを伝えるのがおすすめです。では実際に、どんな言葉があるのでしょうか? 恋愛コラムニストのTETUYAさんに、彼氏が喜ぶ言葉を教えてもらいました。

「人間は言葉を話せる生き物」。当たり前のこと言っているのは分かっていますが、「言葉」の使い方次第で、相手の印象が良くも悪くも変わってくるものなんです。

今回は、「彼氏が喜ぶ言葉」を、カテゴリー別に紹介したいと思います。

彼氏が喜ぶ言葉12個

日常的に誰でもまねできるものばかりを、4つのカテゴリーに分けて集めてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

愛情を伝える言葉

まずは、愛情を伝える言葉を紹介します。

「愛してる」

「好き」というのは、そんなに特別な感情がなくてもノリで言ってしまえるフレーズだと思うんですね。

ただ、「愛してる」ともなると、ノリではなかなか言えない。本気な気持ちがこの「愛してる」という短いフレーズに詰まっているので、破壊力は抜群です。

「今までで一番好き」

これは完全にプライドをくすぐるフレーズ。やっぱり「一番」はうれしいものです。

「好き」に「今まで」をつけるだけで全然違いますよ。ぜひ「自分が生きてきた中でのNo.1だ」という気持ちで伝えてみてください。

「○○くんだけしか考えられない」

このフレーズも、男性からするとキュンとくるフレーズ。

常に彼女の頭の中に自分がいるということですからね。それを想像するだけで、「愛されているんだな」と心が満たされます。

「こんなに~なのは○○くんだけ」も一緒で、「だけ」というオンリーワンフレーズは間違いなくインパクト大です。

とにかくナンバーワンの称号はどんな男性も好きだし、言ってもらいたいものだと思うんです。

「こんなに心を許せるのは○○くんだけ」「こんなに相性が良いのは○○くんだけ」のような感じで使うといいですね。他にも応用が利くのでぜひ。

感謝を伝える言葉

次に、感謝を伝える言葉を見ていきましょう。

「いつもありがとう」

「ありがとう」は僕もよく使うのですが、どんなに言いすぎたとしても、無駄になることなんてありません。どちらかというとプラスになることばかり。

一番シンプルで使いやすいフレーズなので、常に口に出す習慣を身につけておくといいですね。

「いつも助かってるよ」

「助かってる」=「彼女の役に立ってる」という意味だと受け止められるので、この言葉はうれしいです。

男性は頼られるとうれしい生き物。頼られていることを認識すると、自分の男としての価値が高まったと思えるものです。

彼を褒める言葉

続いて、彼を褒める時の言葉を紹介します。

「信用できる」

これは、男女関係なく言われてうれしい言葉ですよね。

信用されることで、自分の価値が高まるように思えるので、このフレーズもおすすめです。

「性格が好き」

外見と中身、どっちを褒められた方が最終的にうれしいか?

それは間違いなく中身だと思うのです。だから「性格が好き」と言われるとうれしいもの。

表面的ではなくて、ちゃんと自分を深く理解してくれたという気持ちが伝わるからです。

「気遣いができるところが好き」

気遣いができるとは、包容力があって優しいということでもあります。

この「気遣いができる」よりは少しライトになりますが、「気が利く」も言われるとうれしいフレーズです。

「癒やされる」

「一緒にいると癒やされる~」このフレーズを言われると、自分に包容力があるのだと認識できるんです。

彼女の心をつかめたと良い気分に浸れるところも、またいいですね。

「面白いね」

シンプルなフレーズですが、「面白い」って言われるとうれしいものなんですね。

ある意味、人として魅力があるということですから。

彼をねぎらう言葉

最後に、彼をねぎらう言葉を紹介します。

「いつも頑張ってるよね」

大人になると、褒められる機会はめったにありません。

ただ、「褒められたい」「頑張ってる自分に気づいてもらいたい」願望は誰にでもあります。

その願望を満たすフレーズがこれなんです。

「無理しないでね」

仕事を頑張っている彼に掛けると、自分のことを気遣ってくれていると感じて喜ばれるでしょう。

頑張りすぎなくてもいいのだと言われているようで、ほっと安心できる言葉でもあります。

次ページ:彼氏が喜ぶ言葉を伝える時のコツ

SHARE