お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】洪水の夢の意味は? シーン別・人物別解説

夢占い

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

洪水の夢の意味とは? 洪水から逃げる、家が浸水する、自分が巻き込まれるなど、シーンや人物によっても意味合いが異なります。今回は占い師のみくまゆたんさんが、洪水の夢の意味を解説します。

自分や家族が流される、床下浸水するなど、洪水の夢を見ると不安を感じてしまうもの。

夢占いにおいても、洪水は不安やストレスなどを意味するものが多いので、注意が必要です。

今回は洪水の夢について、シーン別・登場人物別にそれぞれの意味を紹介していきます。

目次

「洪水の夢」の基本的な意味や心理

まずは、洪水の夢の基本的な意味を見ていきましょう。

洪水の夢は「不安な心」を象徴する警告夢

洪水の夢は、「イライラ、焦り、ストレス」を意味する警告夢。つまり、あなたの不安な心の中を表しています。

あなたは今、不安定で今にも崩れそうな状態を、気力だけでなんとか持ちこたえているようです。しかし、もう我慢できないほど心や体が疲れている様子。今無理をすると、体や心に不調が起こってしまう可能性大です。

この夢を見た時は空回りしやすい時期なので、無理は禁物。まずはゆっくり深呼吸して、意識的に休みをつくり、心を落ち着かせてください。

次ページ:シーン別「洪水の夢」の意味

SHARE