お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

寡黙な人の特徴とは? 心理や恋愛傾向を徹底解説

寺井まさき

口数が少なく、何を考えているか分からない「寡黙な人」。愛情表現も少なく、恋人同士でも不安になってしまうかもしれませんね。今回は、恋愛ライターの寺井まさきさんが、寡黙な人の特徴や心理を解説します。

口数が少なく、「寡黙な人」という印象を受ける人は少なくありません。寡黙な人は一体どのようなことを考えていて、仲良くなるためにはどのような方法が有効なのでしょうか。

この記事では、寡黙な人の心理や特徴、効果的なアプローチの方法を紹介します。

寡黙な人の心理

寡黙な人が考えていることは、周囲の人からすると分かりにくいもの。寡黙な人が何を考えているのか、その心理を紹介します。

(1)自信がない

寡黙な人の中には、自信がなく、自分から積極的に発言しないようにしている人も少なくありません。

「こんなことを言ったら嫌われるのでは?」とネガティブに考えてしまい、その結果、口数が少なくなるのです。特に、恋愛経験が少ない人は、会話の中で自信のなさを悟られないように、異性の前では口数をあえて減らす傾向があります。

(2)自分のことを他人に知られたくない

自分のことを他人に知られたくないという気持ちから口数が少なくなり、寡黙になってしまうケースもあります。自分を表現することや、他人に知ってもらうことが苦手な恥ずかしがり屋の人ともいえます。

他人に自身のことを話す機会が少ないため、周囲の人からは寡黙でミステリアスな人だと思われることが多いようです。

(3)他人に興味がない

他人に興味がないため、必要以上にコミュニケーションを取る必要がないと考える人もいます。

その結果、興味がない話題には関わろうとしないため、口数が少なくなりがち。自分の世界観をしっかり持っている人に多いといえるでしょう。

(4)人付き合いを避けたい

人付き合いに苦手意識を持ち、人との関りを避けたいと考える人も口数が少なくなる傾向にあります。この場合、人との関りは苦手だと感じている一方、本音では人と仲良くなりたいと思っていることもあるでしょう。

ただ、なかなか自分からは他の人に声を掛けることができず、結果的に寡黙な人という印象を与えてしまうようです。

次ページ:寡黙な人の特徴

SHARE