お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

無口な人の心理とは? 特徴やアプローチ方法を紹介

大塚統子(心理カウンセラー)

無口な男性を好きになった時、どうやってコミュニケーションをしたらいいのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、心理カウンセラーの大塚統子さんに、無口な男性の特徴や心理、好きなタイプの女性、恋愛におけるアプローチ方法を教えてもらいました。

無口な男性はどこかミステリアスで、魅力的に見えるものです。

でも、「何を考えているのかが分かりにくい」と困る場面もあるでしょう。

そこで今回は、無口な男性の特徴や心理、好きな女性のタイプ、恋愛でのおすすめのコミュニケーション方法について解説します。

無口な男性に見られる特徴

周囲から無口だと認識されている人の中には、自分が無口だとは思っていない人もいます。あまり多くを語らないことが、彼らにとってのスタンダードなのかもしれませんね。

ここでは、無口な男性に見られる一般的な特徴を5つ紹介します。

(1)聞き役に回ることが多い

仕事上の会話はしても、雑談はあまりしない無口な人。必然的に、聞き役に回る機会が多くなります。

自分から話題を提供することは少ないかもしれませんが、他人の話を聞くのは嫌いじゃないという人も多いようです。

(2)沈黙が苦にならない

会話の間に沈黙があると気になる人は、それを埋めようとして何か話そうとします。一方で、無口な人は沈黙を気にしません。

むしろ、考える間があることや無言の時間があることを心地良いと感じる傾向があります。

(3)うそを言ったりうわさ話をしたりしない

無口な人は、うそを言ったり、余計なことを話したり、無責任なうわさ話をしたりしません。

そのため、周囲からは真面目で誠実だと評価される傾向があります。よく考えてから発せられる一言には、重みが生まれるものです。

(4)文章では冗舌になる

対面での会話では口数が少ない無口な人。しかし、メールやLINEなどの文章では、自分の思いや考えを熱く表現できるタイプの人もいます。

その場のノリや会話のテンポに合わせることは苦手でも、文章でなら自分のペースで表現しやすいからなのかもしれません。

(5)「意見を持っていない」と誤解されやすい

発言が少ないからといって、無口な人が何も考えていないわけではありません。

むしろ、自分なりの意見をしっかり持っていて、それを貫く芯の強さがある人も多くいます。

ただ、言葉にしないことによって、「意見を持っていない」と誤解されやすい傾向があります。

次ページ:無口な男性の心理とは?

SHARE