お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

さようなら。別れ方が上手な人の特徴5つ

きくかお(WEBライター)

恋愛において別れはつきもの。きれいに別れることができれば、その恋が良い思い出として残りますよね。でも別れ方を失敗してしまうと、せっかくの恋も嫌な思い出になってしまいます。では別れ方が上手な人にはどんな特徴があるのでしょうか。ライターのきくかおさんに聞いてみました。

恋愛において、人の本性が出やすいのが「別れ方」です。傷つきつつもお互いが納得できる形で別れることができれば、後から「良い恋をしたなぁ」なんて振り返ることが出来ますよね。今回は「別れ方が上手な人の特徴」を紹介します。恋人と円満に別れたいと考えている人は、参考にしてみてくださいね。

そんな恋やめちゃえば? 別れた方がいいカップル診断

(1)直接会って伝える

別れを伝えるのは誰だって辛いもの。だからといって、LINEで別れを一方的に告げたり、音信不通になるのは絶対にNGです。別れ方が上手な人は、相手に直接会って自分の気持ちを伝えます。その誠実な態度が相手にも伝わることで、お互いが納得出来る別れに繋がるのです。

(2)未練が残るようなことは言わない

別れ方が上手な人は、別れ話をしているときに、相手に未練が残るようなことは言いません。「もう一度やり直せるのかも」と思わせてしまうことは、新しい恋が始めにくくなってしまい、相手をさらに傷つけてしまうことを知っているからです。

(3)お互いの気持ちを話し合う

別れ方が上手な人は、自分の気持ちを一方的に伝えて別れるようなことはしません。お互いにモヤモヤが残らないよう、きちんと話し合いの場を設けます。時には何度も話し合いを重ねることも。お互いの気持ちを伝え会うことで、別れた後も、次の恋愛に前向きに向かうことが出来るようになるのです。

(4)相手を責めない

別れる理由は、カップルによってそれぞれ。時には相手の浮気が原因なんてこともあるかもしれません。でも、別れ方が上手な人は、相手を一方的に責めるようなことはしません。お互いの今の状況を冷静に分析した結果、別れるという結論を出したことを淡々と伝えます。

(5)感情的にならない

別れを告げられた方は、悲しみや怒りから感情的になってしまうこともしばしば。ですが、別れ方が上手な人は、相手の感情に流されません。罵声をぶつけられても冷静さを保ちます。自分も感情的になれば、相手をさらに傷付けてしまうことを分かっているからです。

自分勝手な別れ方は、さらに相手を傷つける

別れるときは、告げる方も告げられる方も辛いもの。でも、後ろめたさから、連絡を断ったり、自分の感情をぶつけたりするのは良くありません。冷静に落ち着いて話し合うことを心がけましょう。

(きくかお)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

恋の賞味期限は? 別れるべきか診断

低いか高いかチェック! 恋愛偏差値診断

我慢してない? 寂しがり屋診断

※この記事は2021年03月09日に公開されたものです

きくかお(WEBライター)

結婚後、3人の子供の出産を経て、ライターに。
ファッション、恋愛、ライフスタイルの記事を中心に執筆。
母、妻、そして1人の女性という3つの異なる立場を持つ強みを生かし、恋愛というかわいくて憎らしいモンスターに切り込んでいく。
この著者の記事一覧 

SHARE