お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「クソリプ」の意味とは? 語源や使い方を解説【ネットスラング大辞典】

落合正和(WEBメディア評論家・マーケティングコンサルタント)

「クソリプ」という言葉を耳にしたことはありますか? こういった、SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語を「ネットスラング」といいます。その言葉の意味や元ネタを調べると、思い掛けない発見があるかもしれません。今回はWebメディア評論家の落合正和さんに「クソリプ」について解説してもらいました。

インターネット上で利用される「クソリプ」とは、SNSや電子掲示板などで発生し、使用される俗語のことです。

ネットスラングの中には、インターネットを飛び出して口語として利用されるようになるものもあります。

今回は、SNSなどで多く見かける「クソリプ」の意味を紹介します。

「クソリプ」の意味や語源

「クソリプ」は、SNSや掲示板サイトなどインターネット上で発祥した言語表現、「ネットスラング(ネット用語)」の1つです。

特にTwitter上で表現される機会が多いネットスラングとなっています。

「クソリプ」とは、品のない表現ではありますが、「クソ」と「リプライ・reply(返信や応答)」が組み合わされた造語で、「クソみたいなリプライ」という意味です。

TwitterやInstagramなどのSNSにおいて、投稿に対するリプライの中でも、検討違いで的を射ていないもの、誹謗中傷やあおりといった攻撃的なもの、揚げ足取りや投稿したユーザーが不快に感じるリプライ、取るに足らないリプライなどの意味として、「クソリプ」が使用されています。

電子掲示板サイトなどでは、同様の意味で「クソレス」と呼ばれることもあります。

また、派生した用語として「クソリプ」を発信するユーザーを「クソリプラー」と呼ぶ人もいます。

「クソリプ」はFF外の相手(フォロー、フォロワーの関係ではない相手)から突然送られてくることが多く、芸能人・著名人、SNS上で影響力のあるインフルエンサーやバズっている投稿(大きく話題となる投稿)をした人などは特にその影響を頻繁に受け、悩まされている姿もしばしば見られます。

「クソリプ」への対応は大変難しいもので、返信することでかえって炎上してしまったり、相手が攻撃的になってしまったりすることも多く、SNS各社も返信に制限を付ける機能を設けるなど、対策が講じられています。

次ページ:「クソリプ」の使い方(例文付き)

SHARE