お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【心理学】自分が嫌いになりやすい人の特徴。嫌いになる原因&克服方法とは

沼田みえ子

自分が嫌いになりやすい原因

自分のことを嫌いになりやすい原因はいくつかあります。ここでは代表的なものを2つ解説します。

(1)子ども時代の親からの否定

子ども時代に親がどう関わってきたかによって、自己嫌悪を抱きやすくなるか、抱きにくくなるかが変わってきます。

親からダメ出しされるなど否定が多かった子どもは、親に受け入れてもらえなかったと思う分だけ、自分のことも受け入れられなくなる傾向にあります。

(2)理想が高く、現実とのずれを受け入れられない

前述した「自分が嫌いになりやすい人の特徴」でも少し触れましたが、理想が高いこともよくある原因です。

「スマートに仕事がこなせたらいいな」「どんな人ともすぐに仲良くなれる人っていいな」そんな理想的な人と自分自身がかけ離れていると、自分を受け入れたくない、という気持ちが生まれ、自己嫌悪に陥りやすいです。

次ページ:自分が嫌いな気持ちを放っておくとどうなる?

SHARE