お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

距離が近い人の特徴&心理とは? 5つの対処法も紹介

高見綾(心理カウンセラー)

男性でも女性でも、職場でもプライベートでも、距離が近い人っていますよね。何か対策はあるのでしょうか? 今回は、心理カウンセラーの高見綾さんに、距離が近い人の特徴や心理、うまく対処する方法を教えてもらいました。

なぜか物理的に距離の近い人っていますよね。何気ない会話をしていたら、相手の顔が近くにあって、ぎょっとしたことのある人もいるでしょう。

そこで今回は、距離が近い人の特徴や心理について詳しく解説します。また、距離が近い人にどのように対処すれば良いのかも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

距離が近いってどういうこと?

私たちは、それぞれが心理的な縄張りのようなものを持っています。「パーソナルスペース」といって、他人が入ってくると不快に感じる範囲です。一般的に「距離が近い」というのは、このパーソナルスペースが狭いということを表します。

パーソナルスペースの広さには個人差があり、また相手との関係性によっても左右されます。親しい間柄であれば近くても気になることはなく、むしろ親密感を抱けますが、それほど親しくないのにぐっと近づかれると、やや不快に感じてしまうものです。

次ページ:距離が近い人を苦手に思う理由

SHARE