お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

職場の人間関係がストレス! 最悪な状況を改善するための10の方法

秋カヲリ

職場の人間関係に悩み、ストレスを抱えているあなたへ。良い関係を築くためには、とにかくコミュニケーションの取り方を改める必要がある、と心理カウンセラーの秋カヲリさんは言います。では、どのようなコミュニケーションを心掛ければいいのでしょうか?

仕事自体が大変でも、職場の人間関係さえ良ければなんとか乗り越えられるということはありますが、反対に人間関係が悪いと仕事自体にもストレスを感じてしまうことがあります。

今回は、そんな「職場の人間関係でストレスを感じる理由」に迫ります。職場の人間関係に悩んでいる人は、コミュニケーションのコツを知り、人間関係を改善していってくださいね。

職場の人間関係でストレスを感じる理由

職場の人間関係でストレスを感じる理由はさまざま。代表的なものをいくつか紹介します。

(1)苦手な人がいる

さまざまなタイプの人とコミュニケーションを取る職場では、苦手だと感じる人も中にはいるでしょう。相性が良くない人とは、自分の個性と相手の個性がぶつかってしまい、意思の疎通がうまく取れないこともあります。

特に、同じチームだったり自分の上司だったりすると距離を置くこともできず、日々ストレスを感じてしまいます。

(2)上司と馬が合わない

自分を評価する直属の上司と馬が合わないと、大きな悩みの種になります。自分なりに仕事を頑張っていても思うような評価が得られず、「なんで評価してもらえないんだろう……」とフラストレーションがたまってしまいます。

「なんとかしなきゃ」と気負えば気負うほど、やり取りが不自然になり、より苦手意識が強くなることもめずらしくありません。

(3)協調性が無い

社員がそれぞれ個人プレイに走り、協力する文化が無いと人間関係がギスギスしがちに。協調性が無い社員が多いと、誰かが困っていても助け合うという姿勢が生まれず「何かあっても自己責任」と放置されてしまいます。

こうした職場は、殺伐とした雰囲気になりやすいでしょう。

(4)コミュニケーションが不足している

あいさつしない、お礼を言わないなど、社員同士のコミュニケーションが不足していると、お互いへの理解が深まらず親密にもならないため、温かみのある交流が生まれません。


飲み会が多いのもストレスになりますが、コミュニケーションが不足し過ぎるのも困りもの。たまには休憩中にプライベートの話をして、社員同士で交流する機会を設けた方が人間関係が良好になる場合も多いです。

(5)仕事をする人としない人の差が激しい

仕事をたくさん抱えて忙しい人もいれば、あまり仕事を与えられずサボっている人もいるような、仕事量に偏りがある不平等な職場だと、仕事が多い人が不満を抱えるようになり人間関係が悪くなります。

次ページ:人間関係を改善させるための10の方法

SHARE